※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅨ

Ⅸに登場する敵専用の特技。
目玉から怪光線をビーム状に放ち、敵を攻撃する技。
敵1体に12~17ポイントの雷・爆発属性ダメージを与え、
さらに4~7ターンの間対象に【麻痺】の追加効果を与えることがある。
追加効果の発生率は敵の麻痺系耐性の影響を受ける。
通常攻撃と同様の性質を持っているわけではないが、敵に身をかわされたり、盾ガードされたりすることがある。
使用者は【メーダ】のみで、この種族の固有技となっている。

ダメージに属性が付いていて、さらに追加効果も付いており、複数の耐性の影響を受けるというなかなか珍しい技。
こういったものは、Ⅸでも他には【まばゆいせんこう】くらいしか存在しない。
比較的序盤の、しかもたった一種族のモンスターが使うだけの特技にしてはやけに凝った仕様である。
メーダはこれ以外にも【くすぐる】という固有技を持っており、そういう面では破格の厚遇だったりする。