※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ダイの大冒険

オリジナル呪文の一種。漢字表記は「大破邪呪文」。

ルーラで入れない大魔宮(バーンパレス)に乗り込む為に、カール王国の【女王フローラ】【レオナ】を勇者アバンの第5の使徒に選び、この呪文の眠る破邪の洞窟にメルルやマァムらと共に赴き、レオナに修得させた。

効力の傾向としては【マホカトール】と同じ類であり、魔法円も必要である。「ミナ」の名の通り複数人の協力で唱える呪文でもある。
協力と言っても、【ミナデイン】のようにMPを提供するだけという訳ではなく、「輝聖石」と呼ばれる魔法力の増幅と魔法力の蓄積の特性を兼ね備える特殊な石を輝かせた者が五芒星の形に立つ事でこの呪文は完成し、最大限の破邪の力を発揮する。
作中では輝聖石を用いて作られている【アバンのしるし】?を持つ5人のアバンの使徒がこの呪文を行使している。

なお協力者はMPを提供するだけではない、と言うよりMPは関係ない。
あくまで輝聖石を輝かせる心の強さが必要なのであって、MPを持たない戦士などでも協力者として参加可能。

苦難の末にレオナの号令で発動に成功し、【バーン】の居城である大魔宮の機能を一部停止させるに至り、移動や結界を無力化した。
同時に【ザボエラ】が呼び出した魔界のモンスター達の力も抑え込み、対魔王軍のレジスタンス達に有利に戦況を運んだ。
残念ながらバーンやハドラーのようにかなり高い力量の持ち主には殆ど効果が表れなかったが、それでもバーンの魔力の桁外れさを考えれば、大魔宮の機能を停止させただけでも相当なものである。

後にダイが【ドルオーラ】でミナカトールの影響を受けていた大魔宮の魔力炉を破壊したことで、効果対象は無くなっている。
更にバーンが目下に大魔宮の最終兵器【ピラァ・オブ・バーン】を投下したことで、この呪文の光の魔法円自体も消滅してしまった。