※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ダイの大冒険

悪しき力を打ち破る破邪力を増幅させる秘術。
【アバン】が破邪の洞窟の深部(地下150F)で発見したもので、
【ミナカトール】等邪悪な力に対抗するための呪文が眠るこの洞窟最大の目玉とも言えるもの。
これは呪文とは一線を画した非常に特殊な性質を持っており、それ自体を単体で使うのではなく他の呪文とセットで使用するためのもの。
なぜなら、その効力は「セットで使用した呪文の破邪力を最大限に増幅・強化する」ためである。
発動には魔力を増幅させる『輝石(ゴールドフェザー)』というアイテムを媒体に使う。

【トラマナ】を強化することで、【キルバーン】最大のキル・トラップ「◇の9(ダイヤ・ナイン)」を無効化。
【アバカム】を強化することで、バーンの超魔力で封じられた大魔宮(バーンパレス)の正門の扉を開錠。

このように破邪のメカニズムに則って悪しき力を打ち破り 強力無比な効果を引き出せるが、それゆえ使い手の発想に大きく依存する所がある。

アバンは、自身の力をひけらかさず、むしろ「能ある鷹は爪を隠す」かのごとく他者に見せないが、仲間を異様に強化するその性質は【バーン】をもってしても「自身の知らないタイプの力を持つ最も厄介な男」と評された。そんな彼が、「他の呪文をアシストする奥義」を得たことは、まさにピッタリだったと言えるだろう。