※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅦ

主に終盤で【マール・デ・ドラゴーン】に乗っているときに流れる。
スタート直後のアミット漁出航の際にも流れる。

【小舟に揺られて】の元になった曲であり、軍船にふさわしいマーチである。

だが、マール・デ・ドラゴーンに乗って移動するにはいちいち【カデル】に話しかけに行かねばならない。
しかも、マール・デ・ドラゴーンを自由に乗り回せるようになった頃には、既に飛空石も乗り回せる。
よって、イベント以外ではあまり聴く機会がないだろう。
リメイク版では船に触るだけで乗れるようになったので聴きやすくはなった。

PS版では過去コスタールでの回想シーンで【シャークアイ】が登場するときにも使われた。
このためこの曲を聴くと彼を思い浮かべる人もいることだろう。
しかし同シーンはリメイク版では【哀しみの日々】に変わっしまい、雰囲気が暗くなってしまった。
ルーメンのチビィ&ヘルワームイベントは改善されたというのに、こちらが改悪されてしまったことは残念でならない。