※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅦ(3DS版)

3DS版で追加された、すれちがい石版限定アイテムの一つ。
リップスやナスビナーラなど、やや弱めのモンスターをボスにした自作石版のボス討伐報酬としてたまに手に入る。
道具として使うと【いしつぶて】の効果がある。

3DS版Ⅶのいしつぶては敵全体に20~35のダメージと、過去作に比べて若干威力が高く設定されているため、雑魚の掃討には使えないこともない。
とは言え、弱いモンスターのすれちがい石版は、他人からもらってもあまり食指が動かないもの。
自分で作ろうと思うと最短でも【ルーメン】開放以降でないと手に入らないため、あまり目にする機会はないだろう。

なお、このアイテムの名前自体はPS版から登場している。
ストーリー冒頭、古文書に描かれた太陽の絵の謎を解こうとした主人公とキーファは、【ホットストーン】【しんじゅ玉】など、太陽に関係ありそうなものを片っ端から謎の遺跡の像に捧げる作戦を行なった。
この捧げもの探しの最中に、城下町の道具屋の店主に話しかけると「太陽太陽と騒ぐキーファに、おひさまボールという売れ残りのおもちゃをあげた」という話を聞ける。
どうやらその正体は、スーパーボールみたいなよく弾むおもちゃのようだ。