※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ダイの大冒険

概要

マンガ【ドラゴンクエスト ダイの大冒険】に登場するメインヒロイン。
パプニカ王国の王女で年齢は14歳。カール王国の女王【フローラ】をとても尊敬している。
職業は【賢者】で魂の力は正義。

【ダイ】にとって最初の人間の友達(【ポップ】が最初の友達という意見もあるが、厳密には読み切りから数えればこちらが最初)であるのと同時に、後の思い人。
本人もダイには特別な感情を抱いており、最終決戦後、地上を守るために姿を消したダイを
いつの日か自分たちの元へ帰ってくると信じ待ち続けている日々を送っている。

因みにスリーサイズは、B83、W55、H85。

性格

凛とした意志の強い女性であるのと同時に若干14歳の若さで(連載開始時)王国が【バーン】率いる魔王軍に襲われた時、
行方不明になった国王である父に代わり国を支えている事からも分かるように、その指導力、カリスマ性は相当なもので、
【フレイザード】が手柄を得るため他のパプニカの要人置いて真っ先に抹殺しようとした程である。
その他、勇猛果敢な姫として他国の人々に認識されている模様。

此処まで書くとどこか近寄りがたい高貴な人物かと思われるかもしれないが、
素の彼女は行動力に溢れ、はっきりと自分の意見を言うが、時には逆に王族としての振る舞いで周囲を呆れさせることもしばしば…。
一言でいうなら少し世間知らずなお転婆姫。

また、親しい人物や心を許した人物(特にダイたちの仲間)には年相応の少女らしさを見せることもあり、
ポップとマァムの複雑な多角関係や場面などに心を躍らせる耳年増な一面を見せることもあった。

そのほか、動きやすいというだけの理由で【踊り娘の服】を着てダイ達と旅をしようとしたり、フレイザード撃破後の宴の際に未成年飲酒を催したり、
大破邪呪文【ミナカトール】を習得するため破邪の洞窟に潜入した際、【チェーンクロス】【スライム】達を撃退するフローラ女王の姿を見たマァムが
「さすが女王様」と発言した時別の女王様を想像したり、宝箱を見つけるとついつい開けてしまい【ひとくいばこ】に頻繁に襲われたりする
(ちなみにちゃんとした宝箱から得られたアイテムは【ひのきのぼう】2本と215ゴールドを習得(-_-;))等々、
国民の前で見せるような勇猛果敢な姫のイメージが180°ひっくり返るような行為をとることもある。

ついでに真・大魔王バーンに臆することなく腕を切り付けるという壮絶な相手を振る行為をやってのけたり、
ゴメちゃんを胸の中に匿ってそれが原因でバーンに隠し場所の部分の衣服を引き千切られ××な目にあったり
(※バーン様の名誉の為弁護しておくが、決して疾しい目的ではない)…と、
マァムと違った次元のお色気度全開シーンを見せ付けてくれた偉大な(?)人物。

略歴

でろりん等偽勇者一向による「デルムリン島」侵略事件を切掛けでダイと知り合ったロモス国王「シナナ」から紹介を受けた父を通じ、
デルムリン島に一人前の賢者となる儀式をする目的でやって来たが、当初ダイの事を「チビ」呼ばわりしてバカにしていた。
しかし王国の権力を我が物にせんと企むテムジン司教と賢者バロンによって【魔のサソリ】の猛毒で暗殺されかけるも、
竜(ドラゴン)の騎士としての力に目覚めたダイに救われ、毒はブラスの【キアリー】で解毒されて一命を取り留める。
この事件がきっかけでダイに対し好意を抱くようになり、再び再開する約束をして分かれる
(なお、この事件の時にダイにパプニカ王家に伝わる三振りのナイフのうち「太陽のナイフ」を送っている)。

その後、バーンが魔王軍を結成し本格的に地上へ侵攻してきた際、魔王軍の一角「不死騎団」によって王国が壊滅し、父親を亡くす。
自身は辛くも脱出し、バルジ島のバジルの塔に身をひそめて
かつてそうだったように「自分に危機が迫ったときダイが何時か必ず助けに来る事を信じ待ち続けていた。
その後、フレイザードの襲撃に遭い再び命の危険に曝されるが、ダイによって救出された。
程なくしてパプニカ王国の復興作業に取り掛かる。

そのさなか、密かにダイ達と冒険へ出ることを決意し、ダイとポップが新しい装備品を買いに行きたいと申し出たのを口実にチャッカリと2人に着いていくことに…。

当初は途中、【武闘家】として修行するため一時パーティーから離脱したマァムの代わりの臨時ヒッターとして短い間を共にしていたが、
竜騎将バランとの決戦後にマトリフが届けた「アバンの書」の『空の章』192ページに書かれたことに感銘を受けた彼女は
ダイたちと行動するよりも自分が世界に出来ることを精いっぱいやり遂げたいと考えるようになり、一行から離れ、
世界各国の国王を招集したサミットを主催する等、ダイたちとは違う方法で世界平和のために尽力を尽くす裏方(後方支援係)として
ダイたちのパーティーを支えていくことになる。

そして最終決戦にて最も尊敬している人物である「フローラ女王」の導きでレジスタンスに入隊。
そして遂に最終決戦時念願のダイたちのパーティーに正式参戦し、
更には実は生きていたアバンに使徒たちを導く者としての教えと共に2種類のフェザーを受け取り
史上最短記録でアバンの使徒となりアバンの代理人としてパーティーを導いていく。

バーンとの最終決戦では最初の戦いで完膚なきまで打ちのめされ、
敗北したというトラウマのため萎縮するダイに活を入れる、ドルオーラを連発する作戦を阿吽の呼吸で実施したりなど
(特に)ダイを精神的に支える描写が多くなっていった。

名前の由来

名前の由来は獅子(レオ)から。
作者曰わく「ダイが竜(ドラゴン)なので虎(タイガー)に引っ掛けようとしたけれど(名前が)可愛くならないので獅子にした」とのこと。