※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

マンガ【ドラゴンクエスト ダイの大冒険】に登場するキャラクター。
古来より悪を制裁するべく神より使わされた【竜の騎士】であり、【バーン】率いる魔王軍の超竜軍団長。
また、【ダイ】の実父でもある。

かつて勇者アバンが【ハドラー】と死闘を繰り広げている間、魔界で【ヴェルザー】一族と戦って辛くも勝利するが、
ヴェルザーとの闘いを終えて地上に戻った頃は瀕死の重症を負っていた。
最後の力を振り絞り、竜の騎士の力が回復するという奇跡の泉へ向かうも力尽き掛けていた時に
アルキード王国の王女であるソアラと出会う。
彼女にその命を救われてやがて恋に落ち、王家に迎え入れられる事でその仲はますます深まって行ったが、
それを潔しとしない出世欲に目が眩んだ家臣達の手によって国から追放されてしまう。
そんな時 彼を追ったソアラはその身に宿した子供がいる事を告げ、王女の身分を捨ててバランと駆け落ち結婚し
テランの森の奥深くに逃げ延びて、そこで一子ディーノ(ダイ)が生まれる。
二人は生まれてきたばかりの息子に愛情を注いで幸せに暮らしていたが、それも束の間
そんなささやかな安息すらも許される事も無くソアラを連れ戻しにアルキード国の軍勢が押し寄せて、再び彼等の仲が引き裂かれた。

ソアラは城へ連れ戻され、息子は遠い地へ送られ、バランは敢えてその身を挺して処刑に身を投じていたがその矢先、
居た堪れなくなったソアラが処刑から彼を庇った事で彼女はその命を落としてしまう。

悲しみに暮れるバランを追い討つようにアルキード国王がバランを庇ったソアラを侮辱した事に
バランは激しく憤慨してアルキード王国を消滅させ、かつて自らが命を賭けて護って来た人間達に対して絶望してしまう。
(ヒュンケル曰く「人間の最も美しい点と最も醜い点を同時に見てしまった」)

それから彼は世界中を回って息子を探し回ったが見つからず、
そんな失意に暮れていた最中 バランに対して大魔王バーンが「まず滅ぼすべきは人間ではないか」と進言し
その事が切欠となり魔王軍へと身を投じ、人間を滅ぼし息子をその手に取り戻す事に執念を燃やす事となった。

戦闘力

生粋の竜の騎士であるためその戦闘力は非常に高く、デイン系呪文や竜紋閃などの竜闘気の技、
ギガデインを魔法剣に組み込んだ【ギガブレイク】等を使いこなす。
攻撃技以外ではルーラやラリホーマを唱える描写もある。
武器はオリハルコンでできた、竜の騎士に代々伝わる長剣「真魔剛竜剣」を愛用する。

さらに、人間・魔族・竜族の力を併せ持ち、人型に魔族の青い血と竜の翼を持った魔獣となる
最強戦闘形態(マックスバトルフォーム)「竜魔人」を持っている。
バランは左目に付けた装飾「竜の牙(ドラゴンファング)」を天に掲げ、雷を身に受けることで変身する。
この姿になると魔族の魔力と竜の力を最大限に引き出し、戦闘力が跳ね上がる上に
竜闘気を魔力で圧縮して放つ呪文の【ドルオーラ】が使えるようになる(詳しくは当該項目へ)。
ただし、変身すると理性は失われ、敵を倒すことしか考えられなくなるようで、
負傷したポップを容赦なく背後から撃ち、最終的にはダイをも本気で殺そうとしていた。