※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

鬼刃ムラサメ

【アルスの剣(王者の剣)】作成後、アルスから託された【オルテガの剣】をイズナがさらに鍛えなおして誕生した剣。
ヤオ、キラが二人がかりで攻撃しても大してダメージを与えられなかった異魔神の肉体を切断するほどの切れ味を持つ。

剣幅の広かったオルテガの剣がかなり細身になってしまっているが、どういう鍛え方をしたのだろうか。
それ以前に、勇者ロトの父が遺したというかなり価値の高そうな剣を勝手に鍛えなおしてしまうのはかなり問題な気が…。
しかも異魔神にダメージを与えたとはいえ、幻の月の効果で瞬時に回復されたことで事実上のかませ犬でしかなかったり、
さらに切りかかったイズナ本人は異魔神の反撃で体中の骨をバキボキに折られた挙句、
自らが鍛えた剣でトドメを刺されるなど、非常に哀愁漂う結果になってしまった。