※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅡ

Ⅱに登場するキャラクターの一人。
前作のラスボス【竜王】の子孫である。
ひ孫であるからには、Ⅰの竜王との間に二代(「竜王の子」と「竜王の孫」)がいるはずだが、家族構成などの詳細は明らかにされておらず不明となっている。

廃墟となった【竜王の城】に住んでおり、最近【ハーゴン】が偉そうな顔をしているのが実に不愉快らしい。
自分に代わってハーゴンを倒してくれるなら良いことを教えると言い、承諾すると紋章や【ルビスのまもり】に関する手がかりを教えてくれる。

ED中に会いに行くと、ハーゴンが倒されたことをとても喜んでおり、昔のことはともかく自分たちは良い友達になれそうだと言っている。
また、リメイク版ではその直後にお互いを”ちゃんづけ”で呼び合おうとまで言い出す。
なかなか気の良い奴である。
ただ、SFC版・携帯アプリ版では「○○○○ちゃん」なのに対し、GB版では字数の都合なのか「○○ちゃん」と、「名前の頭2文字+ちゃん」で呼ぼうとしてくる。
(例:主人公の名が"もょもと"の場合→SFC・携帯版「もょもとちゃん」/GB版「もょちゃん」)
GB版だけ異様に馴れ馴れしくなっているので、何かイラッとくる。

なお、リメイクの際に彼が仲間になるというデマが流れたが、そんなことになればサマルの必要性が……。
小説版では先祖が犯した罪を償うために、城に幽閉されていると言う設定になっている。

「心の狭いやつ」

竜王のひ孫の願いを素直に承諾しない者。
上記のハーゴン討伐の頼みを断ると、こんなことを言われる。
そうか 嫌か…。 お前は 心の狭い 奴だな。
そしてもう一度話しかけると再びハーゴン討伐を頼んでくるのだが、その際には
本当は そなたのような 心の狭い者たちに 頼むのは 気が 引けるのだが ……
などと、ちょっと皮肉めいたことを言われてしまう。
先祖の遺恨はあれど最初から割と友好的に接したのに、冷たくあしらわれてしまい流石にちょっと傷ついたのだろうか。

余談だが、Ⅴにも似たようなことを言ってくる人(?)がいる。

「心の広いやつ」

互いの先祖の遺恨を気にすることなく、竜王のひ孫の願いを素直に聞く者。
また、竜王のひ孫に「ちゃん」づけで呼ばれても気にしない者。
「心の狭いやつ」とは異なり、作中で「心の広いやつ」と言われることはないが、「心の狭いやつ」と対になる形でこう称されることがある。