※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅤ

Ⅴに登場する【フローラ】の愛犬の名。
フローラが【修道院】へ行っている間に、彼女の母親が寂しがらないようにとの思いから飼われ始めた。
青年時代前半、【サラボナ】【主人公(Ⅴ)】がフローラと出会う際に、ベタなシーンを演出する重要な脇役。
フローラ以外になついたのは主人公が初めてだったらしい。フローラがいない間は誰がどうやって世話をしていたのだろうか?

さりげなく青年時代後半にも生存している。

小説版

フローラが修道院時代に拾った設定になっており、当初はほんの小犬だったらしいが、後ろ足で立てば主人公と同じ程というバカでかさ。【プックル】と似たようなエピソードや初対面の主人公にすぐ懐いたことを考えると、犬どころか魔物ではないかとさえ思える。
フローラにしか懐かないために共にサラボナにまで連れてこられたが、旅路の船中では四人の人間を噛み、一人は手の骨が折れたらしい。それについて【ルドマン】は「私の娘に近づきすぎたのだろう」と上機嫌で話している。おいおい。