※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Ⅴ、【ビアンカ】の台詞。
主人公【グランバニア】の王子であり、自分がその彼の子供を身籠っていることが判明した後、
「もし(主人公名)が王様になっちゃったら、私達の子も王子様か王女様になるのね」という台詞に続いての発言。

ビアンカにとって、例え主人公が王族であろうと何の後ろ盾もない旅人であろうと、関係なくかけがえのない大切な存在であり、
そんな彼と一緒になれて、しかも子供にも恵まれて自分は心底幸せであるとアピールする、結婚相手に彼女を選んだプレイヤーを、
感慨無量の心境に至らしめる深い名台詞である。


Ⅴにおいてほぼメインヒロイン的扱いを受けているビアンカであるため無難なセリフが多そうに感じるかもしれないが、
この他にも【ねえ○○○○…… そっちに いってもいい?】など、結構な破壊力の発言も多かったりするのである。