※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅦ(3DS版)

トクベツなモンスターとして登場する、【エンタシスマン】【ミステリピラー】の上位種。
火をつけると辺りが暗闇に染まる不気味な燭台で、Ⅷのモノクロモンスターのように真っ黒。
火がつくと当たりが暗闇に染まるということは、ついている炎は過去の【炎の山】【大灯台】で使用された闇の炎や、
【やみのランプ】と同じような原理なのかもしれない。

初登場は「闇の洞くつ」。
攻撃力はさほどでもないが、メラゾーマや死のおどりといった危険な攻撃をしてくる。
加えてそこそこの割合で仲間を呼び、最初は2~3体くらいでも気が付くと5体くらいまで増えているなんて事も。
死のおどりの成功率は低いが連発されるとさすがに危険。早く倒したいが耐性も高くメラ系・ギラ系・バギ系は無効化される。
一気に片付けられない時はおどりふうじを使うと良い。
ドロップアイテムは【みなごろしのけん】