※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅦ(3DS版)

トクベツなモンスターとして登場する【くもの大王】の上位種。
夜の雲を統べる入道雲で、Ⅷのモノクロモンスターのように真っ黒。
あっちの闇の世界に出ていても、全く違和感が無いカラーリングである。

初登場は「闇の洞くつ」のボス。
こいつを一言で表すとするなら、「しぶとい」。
能力は終盤に出てくるモンスターとほぼ同等で、攻撃力はそれ程ではないものの、
守備力は高く補助呪文は殆ど効かず、大半の敵に有効なルカニ系も効かない。HPもザコ版でさえ1000近くにのぼる。
そして、Ⅶでのこの系統の共通点である【ベビークラウド】呼びも行ってくる。
この段階ではあまり強くない【いなずま】を頻繁に使用するなど、攻撃面ではそれほど強い訳ではないが、
【いてつくはどう】で補助効果を消し去る事もあり、このしぶとさが大いに厄介になる。

すれちがい石版では2体で出てくる事もあり、レベル1であっても、Lv99の味方全員で攻撃を集中しないと1ターンでは倒せない。
すれちがい石版でこいつを出す場合は、他の強いモンスターと一緒にしないようにするのが賢明。
ドロップは【ふうじんのたて】。加えて得られる経験値もゴールドも高いので、慣れればそれなりに稼げる相手。