※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅦ(3DS版)

【トクベツなモンスター】として登場するモンスター。
【ゾンビーアイ】【グロン】【デスクリーチャー】【マンイーター(Ⅶ)】【ブロブロス】と、
Ⅶを通してさんざん出続けたこの系統に、3DS版でまたしても新たな仲間が登場。
しかし、こいつはそれまでのこの系統の不気味でぐちゅぐちゅしたイメージを覆し、鏡のような銀色のメタリックボディを持ち、
虹色に輝く透き通ったガラス玉のような目玉と、ゾンビとは思えないくらいにギンギラギンに輝く派手な姿をしている。
どうやら、鏡がゾンビ化したものらしい。
これまでとは別のベクトルで気持ち悪いモンスターと言えるかもしれない。

初登場は公式配信石版ラストの「まだ見ぬ試練の城」。
通常攻撃の他、マヒ攻撃やベギラゴン、ひゃくれつなめを使ってくる。
ただ、石版の推奨レベルは60と高めなので、この段階ならさして脅威にはならないだろう。
ミラーとあるだけにマホカンタがかかっており、呪文は跳ね返されてしまう。
それを解除しても攻撃呪文はやや効きにくい。補助系は比較的有効なので特技で足止めしたい。
ドロップは【超命のきのみ】。確率は低いが、HPを上げたいなら乱獲してみよう。

また、すれちがい石版の報酬として【真ふっかつの杖】が入手できる事がある。
【れんごくまちょう】のボス版よりはずっと簡単に倒せるので、人数分揃えるならこちらを狙おう。