※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

ロトシリーズを中心にドラゴンクエスト全般に密接に関わる重要人物。
創造神やエルフなどいろいろ言われているが、実際のところは精霊らしい。
【アレフガルド】の地を創ったことで有名。


DQⅠ

設定ができていなかったのかFC版では名前すら出てこない。
リメイク版では、エンディングでほこらの老人のセリフに名前のみ登場する。

DQⅡ

初登場。ただし声のみの出演。
【5つの紋章】を揃えて海のどこかにある【精霊のほこら】に行くと、突然どこからともなく話しかけてくる。
王子たちがロトの子孫であることを一瞬で見抜き、「勇者ロトとの約束を果たす」と言って【ルビスのまもり】をくれる。

DQⅢ

ついにその姿を現す。
大魔王ゾーマによって石にされ【ルビスの塔】に封じられており、【ようせいのふえ】で彼女を助けるとお礼に【せいなるまもり】をくれる。
またお守り…?
その後「大魔王を倒してくれたらいつかその恩返しをする」と言う。
Ⅱの王子たちへの助けが恩返しなのだろうか。随分先の話だが…。
なお「聖なる守りはルビス様の愛の証ですわ」という話を聞けるが、これによってルビスは勇者ロトの妻となったと唱える人もいたりする。
『精霊ルビス伝説』の設定が「有り」ならば、とっくにロトはルビスの夫なのだが。
GBC版には彼女の名を冠した【ルビスのけん】という最強武器が登場している。

DQⅥ

【ロトシリーズ】とは一切関係ない【天空シリーズ】なのに、何故か出演。
海底にある【ルビスの城】でひっそりと主人公たちのことを見守っていたらしい。
ⅡやⅢの時とは異なり、シナリオに直接絡んでくることはないので、会わずにクリアした人も少なくないかも知れない。
リメイクでも別に追加要素無し。
何しに出てきたんだよ…。

DQⅦ(3DS版)

本人の登場は無いが、【ルビスのまもり】が一品物で登場。
【ザキ系】【メガンテ】に対して「完全」耐性を持てる非常に有用な装飾品。
だが、3DS版Ⅶしかプレイしていない人には「ルビスって誰?」状態になることは請け合いである。

小説版

久美沙織の小説『【精霊ルビス伝説】』では彼女の前半生が語られる。
精霊たちの住む異世界イデーンを支配する五大家の一つで炎を司るカリクティス家の次期当主で、本名はルビス・アピスト・カリクティス。
同じく土を司るコリドラス家の係累だが、母親が地上の人間であるため継承権を持たないディアルト・ケントロピーゲ
――本名『ロト』――とは相思相愛だが、
彼らが結ばれることを暗示した神託『炎と土が共に歩む時~』を誤解したルビスの叔父でカリクティス家現当主グァモンと、
ディアルトの従兄でコリドラス家現当主ダトニオイデスが結託したり、
やはり神託を曲解した結果ルビスがその又従兄クリプトカリオンと結婚させられそうになり、
それに反発したルビスがディアルトと駆け落ちしたり、
その他様々なことが起こった結果イデーンは崩壊、地上に邪悪の元となるものがばら撒かれてしまう。
ルビスは地上の神となり、ディアルトは様々な時代で【勇者ロト】の称号を冠される存在へと転生を繰り返して、
彼女らが発生の原因の一端を負う邪悪な存在達との戦いに身を投じることとなる。
そしていつの日か全ての邪悪が滅せられたその時、2人はただの女と男に戻り、改めて結ばれるとされる。

……ディアルトの転生体には別の女デキてしまう奴や、場合によっては女になってしまう奴もいたりするのだが、彼女の心中はいかに?
まあ前者はローラ姫がルビスの生まれ変わり的な何かとすれば(Ⅰにルビス出ないし)いいのかもしれないが、後者は……。
野郎にでも生まれ変わりますか?