※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅦ(3DS版)

3DS版Ⅶの追加要素であるすれちがい石版の一つ。
固定移民の【スララン】から貰える石版で、プレイヤーが最初に手にすることになるすれちがい石版。
Ⅸにおける【うす暗き獣の地図Lv1】のようなポジション。

その名の通りスライムしか出現しない。
しかし熟練度上限がLv19と得られる経験値の低さに対して高めなため、早々に職業熟練度を稼ぎたいプレイヤーはブーメラン片手にここでひたすらスライムを倒す【スライム道場】にのめり込む事になる。
ただ、ボスのスライムはダイアラッククリア直後に挑むとレベルにもよるが辛い戦いになるが。
初めてボスを倒すと【超命のきのみ】が手に入る。

しかし、この石版を他プレイヤーに配信するすれちがい石版として設定出来る事がよく問題として取り上げられる(固定移民石版全般に言える事だが、この石版は最初に貰える石版であるためか特に多い)。
固定移民石版は初回クリア報酬として超○○のきのみor種が手に入るのだが、データ毎にその固定移民石版をクリア済みかが記録されており、他人から貰った石版を再クリアしても初回クリア報酬は得られない。
そのためⅨのうす暗き獣の地図と違ってこの石版を貰う意味は全くなく、いらない存在として扱われる。

だが、すれちがい石版の自作が可能となるのはルーメンクリア後とかなり後の話になるため、その間に他のプレイヤーから石版を受け取りたければ固定移民石版を利用するしかないという面もある。
実際、特定の店舗ですれちがい通信を用いて石版を配信する際、手順が書かれたボードにはこの石版をすれちがいにセットするよう案内されている。
この石版を受け取った際は嫌がらせとすぐに思わず、相手が自作石版を送れない可能性も考えよう。