※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅥ

下の世界の【レイドック】を統治する王様であり、【主人公(Ⅵ)】の父。
妻は【シェーラ】。かつては主人公の妹に当たる【レイドック王女】もいたが、病気で喪っている。

自ら軍を率いて、幾度となく魔王【ムドー】と戦いを繰り広げてきた。
やがてムドーの島にまで乗り込みかかった際に、ムドーによって呪いを掛けられ覚めることのない眠りへと落ちる。
そして気付けば、彼は夢の世界で自らがムドーになっていたという。

呪いが解けた後は夢の世界で若いレイドック王を演じ、息抜きと称して女の尻を触るなどしている。
その様子を妻が見ている事は知らないようだが、時が経つに連れて見られてる気がしてきたらしい。
妻曰く「夢の中のことだし、しばらくは大目に見よう」とのことだが、明らかにフラストレーションが溜まっている様子が伺える。彼が折檻されるのは時間の問題だろう。

下の世界のムドーを倒した後には【いかずちのつえ】を、
主人公が本体と融合した後には【セバスのかぶと】を授けてくれる。