※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅦ

【グランエスタード】のよろず屋の一人息子。
【マリベル】にベタ惚れであり、やたら二人っきりになりたがるなど積極的にアプローチしているが、悲しいまでに全く脈がない。
それどころか当のマリベルに「あまり好きじゃない」だの「ドレスが買える唯一の店だったから仲良くしてた」だの「もう世界中で買い物出来るからそろそろ潮時」だの酷い言われようである。そもそもマリベルに気になる相手が既にいるとしたら当然かもしれないが……。
主人公に対するような気心が知れた相手に対する意地悪とは全く違う冷たい物言いに加え、本人に対しては良い顔していた辺りに女の子の怖さが垣間見える。マリベル曰くオルカと主人公は正反対らしいが、それが両者に対する態度にも現れていると言えよう。

もっとも精霊復活後は別の女の子を誑かしている辺り彼に同情の余地はなく、マリベルの見る目は正しかったとも言える。
マリベルが一緒にいると、これは違うんだと必死に弁解するが、マリベルは全く気にしていない辺り道化もいいところである。
母親からは女癖が悪いと言われ、エンディングでは今頃になって石版を探しに行ったバカ息子と父親に言われている。
と言うわけで、エンディングでは不在。【ホンダラ】ですら一応酒場で働き出しているというのに。