※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ロトの紋章

物語前半までアルスたちとともに旅をした女性。
アルスの生まれ故郷カーメン城の騎士団長【ボルゴイ】の一人娘で、父親譲りか剣の腕も立つ。
アルスが生まれた直後にカーメンが襲撃された際、【タルキン】とともにカーメンを脱出する。
その後、砂船乗りの【ギラン】?と出会い助力を得て魔王軍から身を隠し、アルスたちの成長を見守る中でアルスのよき理解者かつ剣の師匠となる。
紆余曲折を経てアッサラームにたどり着いたアルスたちの前に、【魔剣ネクロス】に操られたキラの実兄【サーバイン】が現れる。
サーバインと一戦交えるも、その圧倒的な強さに手も足も出ず、ギランともども【幻魔剣】により癒えることのない深手を負わされてしまう。
その後ヤオ達の『気』の力により、呪文では治せない幻魔剣の傷を癒せることを知ったタルキン達はルナフレアの元に駆け付けたが、
アルスの腕の中ですでに息絶えていた。

死後も魂だけの存在として、何度かアルスに救いの手を差し伸べている。
カーメン城での【バラモスゾンビ】撃破後、【冥王ゴルゴナ】の術で冥界に引きずり込まれそうになった際、
アルスが【光の指輪】?を掲げてゴルゴナの術を破る。
この時、光の指輪からルナフレアの魂が出現している。
また、アリアハンで魔人王ジャガンに致命傷を負わされ生死の境を彷徨った際、
アケロンの河のほとりで自信を失ったアルスに助言を与え、立ち直らせた。

アッサラームでの戦闘の後、ギランたちに造ってもらった船の船首像にはギランの意向でルナフレアの彫刻が彫られ、
船名も『ルナフレア号』とした。