※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【ドラゴンクエスト ダイの大冒険】に登場するキャラクターで、かつての【ハドラー】率いる魔王軍の地獄の騎士
ホルキア大陸のある村で魔王軍に攻め入られ 生まれて間もなく孤児となっていたヒュンケルを拾い、息子として育てる事にした。
ヒュンケルの名付け親でもあり、かつて魔界を牛耳ったという伝説の剣豪の名前から取った。
情と騎士道精神に溢れた性格で、ヒュンケルを育てた時にもその心得を彼に伝えており、ヒュンケルからも武人の鑑として尊敬されていた。

魔族である彼が人間の子供を育てるという酔狂な事が許されたのは彼が当時のハドラーの最強の部下であり、ハドラーの間へと続く地獄門の門番であったからである。
ヒュンケルを育て始めてからは凶暴であったはずの魔族達にも笑顔が溢れ、ヒュンケルもバルトスを父として慕い、ハドラーの地底魔城にひと時の平穏な時が訪れた。

後に地底魔城に攻め入ったアバンたちとハドラー率いる魔王軍の最終決戦の際に、地獄門の番人として戦っていた。
元々、ハドラーの魔力によって作られたモンスターだったため、ハドラーが死ぬと魔力が途絶え灰となって消えてしまう。
アバンによってハドラーが倒され、ハドラーの断末魔を聞きつけ駆け付けたヒュンケルの目の前で灰となって崩れ去って行った。
このことから、ヒュンケルは長い間バルトスがアバンに殺されたと思い込み、復讐する相手としてみることになった。

だが、実際にはハドラーは【バーン】の手によって生きており、情に流されたことや地獄門の門番を放棄したことで彼は失敗作だと見なされ、ハドラーに殺されている。
また、アバンとも地獄門で一騎打ちをして敗北しているが、彼の首に掛けられたヒュンケルから貰った手作りのペンダントを見て彼に子供がいることを汲み取られ、
剣を納めた器の大きさから心でも敗北していた。
その際に、自分がハドラーが殺されれば死ぬことを告げ、息子のヒュンケルをアバンに託していた。
この真相は地底魔城に残されていた「魂の貝殻」によって明かされることとなる。