※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅡ(オリジナル版)

ペルポイの地下牢の奥に隠れていた【ラゴス】を見つけると【すいもんのカギ】を渡されるが、
その際、パーティの道具欄に空きがなかった場合はこう言われ、追い返されてしまう。

口調もラゴスに合ったものなので、本来はこのイベントのための台詞だったのだろう。

しかし、もう1人、それも物凄く意外な人物がまったく同じ台詞を発するのだ。
その一文をお読みいただきたい(原文まま)。

*「わたしを よぶのは だれ?
  わたしは だいちの せいれい
  ルビス です。
*「あら? おまえたちは
  ロトのしそんたち ですね?
  わたしには わかります。
*「では わたしは ゆうしゃロトとの
  やくそくを はたすことに
  しましょう。
*「わたしの まもりを おまえたちに
  あたえます。
*「でも きみたちは もちものが
  いっぱいだね。
  でなおしておいでよ。

なんと、精霊【ルビス】も一言一句同じ事を言ってくるのだ。
しかも主人公たちが【ルビスのまもり】を持つ余力がないと解るや否や口調を一変させ、
何故か軽い感じで追い返してくる。誰なんだオマエは…。

さすがに台詞を使い回すには無理があった為か、リメイク版Ⅱを含むその後の作品では
「しかし○○○○はこれ以上物を持てない。何か捨てますか?」
等といった、当たり障りのないシステムメッセージに置き換わることになる。