※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ダイの大冒険

【ドラゴンクエスト ダイの大冒険】に登場するキャラクター。
【超魔生物】と化した【ハドラー】率いる【オリハルコン】製のチェスの駒から生み出された金属戦士軍団【ハドラー親衛騎団】の一人。
僧正(ビショップ)の駒より生み出された全身の8割以上が鋭い刃で構成された狩人で、
その刃の切断力は【ヒム】のオリハルコンの左腕すら容易く切り裂ける程。
また、両腕はドリルのように回転させられ、全身と共に回転させる事で地中ですらも移動が可能で、その神出鬼没さが自ら狩人と称する所以となっている。
因みに顔は常時無表情で、外見で喜怒哀楽を伺うことは出来ない。

人物

ハドラーが禁呪法で彼を生み出す際に僧正のチェスの駒に彼の心に残っていた負の精神面が大きく反映された為
普段は正々堂々が信条の他の親衛騎団に歩幅を合わせているが、本来はかつての【フレイザード】譲りの非道な性格。
弱者をいたぶる事に悦びを見出し、更に非常に執念深い一面もあり
その様子はかつてハドラーが抱いていた残虐心・功名心の生き写しといった所だろう。

能力

刃となった両腕による切り付けや高速回転突きをメインに、生まれつき宿された【バギ系】呪文に加えて、
奥の手に自らの両腕の剣を頭上で合わせて錐揉み回転体当たりを繰り出す【ツインソードピニング】という技を切り札を持つ。
また、前述通り地中の他に水中ですら自在に移動できるので、虚を突かれるとそれから逃れる事は困難を極める(現に手負いの状態ですら【バラン】の奇襲に成功している)。

因みに、生命体やオリハルコンの反応を察知するという一種のソナー能力も持ち合わせており、それを利用して盲目の状態でも【ダイ】やバランと難なく戦う事が出来たようだ。

戦いの経緯

対魔王軍前線基地の港町サババで他の親衛騎団共々襲撃してきた時、ダイ達一向が全員揃った所で
他のメンバーがそれぞれ押されて戸惑う【ポップ】の前に土中から現れ、彼と対戦。咄嗟にポップが振り回した新品の杖がスッパリと切断され、ポップを恐怖に陥れた。
その後ポップからレーザーのように集束発射された【ギラ】を受けるが、オリハルコンの体を持つ彼には通じず
ヒムの必殺技に合わせると共にポップに再び襲いかかろうとするが、ノヴァの援助によって足止めされる。
その後、互いが負傷を負ったメンバーの手当の為に戦いの体制を整え直すべく一時集結。その際にヒュンケルの【虚空閃】で負傷したヒムの左腕を、彼の合図で切り落としてみせた。
フォーメーションの変更で再度他のメンバーと共に襲いかかるが、その時はあまり大した活躍は見せなかった。

それからハドラーの命令で一時撤退後、彼だけほぼ無傷だったので死の大地にネズミ(チウ)が彷徨いている事を察知していたハドラーにスパイ狩りを命じられた。
チウが先走りして仲間に命じて死の大地の近海底にある大魔宮(バーンパレス)の門を発見した為、その口封じに襲いかかった。
その時彼は内に秘められた残虐性を露わにして 仲間を必死に守ろうとするチウをいたぶり続けるが、ゴメちゃんがチウを助けるべく決死の体当たりを繰り出した事によって顔をひしゃげさせられた。
その事に逆上したフェンブレンがゴメちゃんを守ろうとするチウ達ごと纏めて刺し貫こうとしたその刹那
竜騎将バランの救援によって顔を刺し貫き抉られ、復讐心を露に再び大魔宮へと撤退した。

その後ハドラーから再び死の大地の守護を命じられるが、自分の両目へ傷を負わせたバランへの復讐を果たすべく命令に背き 単身魔宮の門へと立ちはだかった。
この時、ハドラーに敢えてこの傷だけ残して貰って 結果視覚は失われたままだったが、こうして尚も復讐心を絶やさず燃え上がらせ続けていた。
不気味に静寂を漂わせた次の瞬間、【バギクロス】で大渦巻を巻き起こしてバランの真魔剛竜剣を手元から吹き飛ばし、そのスキを突いて自らの最大の必殺技ツインソードピニングを発動。
錐揉み回転で姿を消し 地中から奇襲を仕掛けてバランを貫こうとするが、ダイがバランを助けるべくアバンストラッシュでフェンブレンは一刀両断。
最期の瞬間、自らより強い者が多く存在する事への悔恨の念を抱きながら海底の中で爆散。かくしてハドラー親衛騎団最初の殉職者となる。