※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅣ

Ⅳを構成する章のうち、最初の章である。
主人公は【バトランド】の王宮戦士【ライアン】
バトランド国内で起きている子供の失踪事件の謎を解くことが目的である。

最初の章ということで、RPG慣れしていないプレイヤーを考慮してライアン1人での冒険が基本とされている。
ただし章中盤では一章限定の【NPC】である【ホイミン】を仲間にすることができる。
章のシナリオ自体も短く、行動範囲も岩山と海に囲まれたバトランド領のみと狭いが、町(村含む)2つとダンジョン3つが存在する。
フィールドのBGMは【戦士はひとり征く】

章のボスは【ピサロのてさき】【おおめだま】
この時点では台詞内では言及されないものの、黒幕である【ピサロ】の名がモンスター名として早くも登場する。
第五章で合流したときのレベル差の発生を抑えるためか、章終了時には王様から経験値が与えられる。