※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅣ

Ⅳを構成する章のうち、4番目の章である。
主人公は踊り子の【マーニャ】と占い師【ミネア】の姉妹。
【バルザック】に殺された彼女らの父【エドガン】の敵討ちの旅である。

パーティはマーニャとミネアの2人に加え、【NPC】の仲間キャラとして【オーリン】が登場。
オーリンはそれまでのNPC仲間キャラと異なり、仲間に加えないと章をクリアできない。
マーニャとミネアは2人とも魔法派であり、これまでのキャラと比べてステータスがひ弱なうえ、終盤のダンジョン【アッテムト鉱山】は敵が非常に強く油断するとアッサリ全滅してしまう。

舞台は【キングレオ城】のある大陸全体。
フィールドのBGMは【ジプシーの旅】
またこの章では戦闘のBGMも他の章とは異なり【ジプシー・ダンス】が使用される。

【進化の秘法】など、物語の核心に迫る台詞も多く登場する。終盤には【デスピサロ】の名も再び登場。
章のボスはバルザックだが、彼に勝利した後は【キングレオ】との戦闘があり、これはシリーズ初の勝てないイベント戦闘でもある。
最後は【定期船】で故郷の地を離れ、【エンドール】に到着したところで章が終了。
その直後、第五章序盤で勇者が姉妹を迎えに来ることになるため、プレイヤーにとっては姉妹との束の間の別れとなる。