※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅣ

Ⅳを構成する章のうち、5番目の章であり、同作のメインでもある章。
この章でようやく、プレイヤーが名前をつけた【勇者】が登場。
ただしリメイク版では「序章」が第一章の前に挿入され、第五章に入る前の【山奥の村】での勇者のエピソードが描かれている。

第五章は、その山奥の村が【デスピサロ】によって滅ぼされるところから始まる。
まず勇者は世界各地を回って四章までの主人公たち(導かれし者たち)を次々と仲間にしていく。
全員集合後は天空の装備を集め、地獄の帝王【エスターク】、そしてデスピサロと戦う。

キャラは導かれし者8人のほか、【NPC】の仲間キャラとして【ホフマン】【パノン】【ルーシア】【ドラン】が登場。
このうちドラン以外は必ず仲間にしなければならず、一定条件を満たすとパーティーから外れる。
これらのキャラクターで最大10人までのパーティーで冒険が可能(ただし普通に進めていれば10人になることはまず無く、9人止まりとなる)。

当然のことながら世界全域が舞台となり、四章までに登場した地域も再度訪れることになる。
【船】【気球】といった乗り物や、今作で初登場の【AI】システムや【馬車】もこの章からの登場となる。
フィールドのBGMは前半(全員集合まで)が【勇者の故郷】。後半は【馬車のマーチ】のほか、先頭キャラに応じたBGMが流れる。

この章をクリアすればゲームクリアとなるが、リメイク版ではクリア後のボーナスとして【第六章】をプレイできるようになる。