※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

Tool-Assisted-Speedrunの略称で、「外部ツールを使用した【タイムアタック】」のような意味。
(短時間クリアを目標にしていない場合はTool-Assisted-SuperplayでTASとなる)

簡単に言うと「外部ツールは使用するが、【チート】や改造は一切せず、理論上可能である最速クリア時間を計測する」というもので、ここでの外部ツールとは、大きく分けて以下の3つ。

  • 乱数把握
    乱数を把握したうえで、時にはいじる(改造はせず、あくまでゲーム内で可能な範囲で乱数を操作する)。
    DQにおいては、入力のタイミングを遅くしたり、町や城で歩き回ることで乱数を調整できることが多い。
  • 実行速度操作
    短時間での複雑な操作が必要な場合は実行速度を遅くする。
  • クイックセーブ
    望む結果が出たらその場でこまめにセーブする。
    望む結果が出るまで何度もやり直すことになるが、これは「追記」と呼ばれ、
    長編のゲームでは数万~数十万回の追記に及ぶことも珍しくない。

アクションゲームにおけるTASは、凄まじい指捌きを見せたりもするものの、まぁあり得なくはない世界である。
ところがRPGにおいては、とんでもない現象がよく出てくるのがお約束。
「理論上の最速時間」とはつまり「0.0001%でも可能性があればOK」ということ。
0.1秒でも時間を短縮させられるのであれば何だってする。

DQシリーズにおけるTAS

たとえばDQシリーズでは、以下のような現象を意図的に発生させることができる。
  • 【ランダムエンカウント】の作品では全くエンカウントが発生しない
  • 【歩数エンカウント】の場合でも100%逃走が成功
  • 必要な数だけメタル系が出てくる
  • 味方の攻撃が全て会心の一撃になる
  • HPや守備力が低くても、敵の攻撃を全て回避するので死なない
  • ところが死にたい場合(【自殺ルーラ】【負けバトル】など)は露骨に攻撃が当たり即死
  • 避けられない攻撃でも乱数の最低値が発生し、一桁で生き残る
  • 敵が特定の攻撃しか行わない(通常攻撃を連発する【ムドー】など)
  • ランダム行動が全て都合の良い結果になる(商人軍団+全て会心の一撃を連発する【トルネコ】など)
  • 敵が都合良く行動する(【パルプンテ】でMP全回復など)
  • 1/256の確率でドロップするアイテムや仲間モンスターを1回の戦闘で入手、場合によってはそれが連続して発生
  • カジノのコインが一瞬でカンスト
  • モブが主人公たちを避けるため通行の邪魔にならない
このように、通常プレイではあり得ないような内容を多々発生させることで、レベル上げ等の手間を極限までカットし、RTAとは比べ物にならないほど時間を大幅に節約できる。

また、僅かでも時間を短縮するため、以下のようなテクニックも活用する
  • 歩数を節約するため、半歩ずらして話しかける
  • はい/いいえで問われた場合、少しでもテキスト量の少ない選択肢を選ぶ
  • 夜限定イベントの場合、町に入った瞬間に夜になるように歩数を調整する
  • プレイヤーよりもNPCの方が移動が遅いため、イベントではNPCの移動の妨げにならない位置で話しかける
  • 手渡しや装備の時間を短縮するため、アイテムを持たせる位置を考慮する
  • 並べ替えや装備品の付け替えはまとめて行う
これらのテクニックをいくら駆使してもせいぜい数秒~数分にしかならないが、元々が極限まで時間を減らしているため、数秒単位の更新でも世界記録を更新することも多い。

理論上は可能と言えど、あまりに非現実的なプレイが求められるため、TAやRTAとは別物として考えたほうが良いだろう。