※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅦ(3DS版)

3DS版Ⅶの追加要素である【すれちがい石版】の一つ。
公式で追加されたサイドストーリーを楽しめる公式ストーリー石版となっている。
移民の町の発展レベルを1にすることで酒場が完成し、エンディングを見ていることを条件に酒場でダウンロードすることが出来る。
配信期間は2013年3月7日以降。

石版の情報によると発見者は【キーファ】。出身地はしまぐに。肩書はさすらいにん。性格はきれもの。

発見者の名前の通り、キーファのサイドストーリーになっている。
キーファが仲間と別れ、当時の主人公たちが現地からいなくなった直後から物語が始まるが、石版が壊れているためかキーファに話すこともできなければ物を触ることができない、要はその時代への変化を起こすことができない状態になっている。
キーファはすぐに【ライラ】と結婚したいがために、長老が用意した試練に挑むことになり、主人公たちは陰ながら協力する形になる。
試練の中に出てくるモンスターは【マーディラス】周辺の敵であるが、ボスはなぜか【ヘルクラウダー】
ヘルクラウダーになす術もなくやられているところを主人公たちが駆けつけることになる。

最後にキーファに届け物をしたことを【バーンズ・グラン】に報告しに行くと、【アイラ】がキーファの子孫だと判明する。
このイベント後、アイラは【グランエスタード】の王族として迎えられることになる。

この石版のイベントクリア後にもう一度石版を利用しても、ユバールの民が完全に現地から立ち去った後の時代(神殿側から行けるときと同じ)に繋がるため、もうこの石版を保持しておく理由がなくなってしまう。