edf_1 @Wiki 車両

「オペ子です
ここってなに書けばいいんだろう?えーと、えーとインフェ攻略なら武器選択.1にそれっぽいのあるし&あぁ!ここのページの意味はあるのだろうか・・・」
「苦戦している様だな」
「あ。結城博士?」
「うむ。現在は一線を退いて戦訓を生かした武器の開発に勤しむ身だが、それも一段落した。これからはまた以前のように新兵に戦闘のいろはを教えていこうと思う」
「そうでしたか&&それでは、私はお茶でも入れて&」
「待つんだ。君もEDFのオペレーターなら、異星人にガセネタを掴まされてさぞ悔しい思いをしたのではないかね?」
「ぐ&それは&&」
「なら話は早い。直接関係は無くとも、君も私の講義を受けて行け。嫌とは言わせん!」
「ええぇぇ!?」

まず、インフェルノとはどういうものかということだ。最上級難易度ということは勿論だが、この語源はイタリア語の「地獄」。まさしく文字通りだな!全てのステージに共通するのは、圧倒的な敵の各種能力、これに尽きる!!
・総合的な攻撃力の高次元における向上
・移動速度の増加
・耐久力の幾何級数的上昇
この三項目は人類の軍隊でも全く同じに重要な事項だ。人類の場合はこれに扱いやすさや生産性なども加わるが、ここでは除外する。
この三つの事項が、インフェルノにおいては圧倒的なものになっている。例えハードで吹けば飛ぶような蟻やファイターのような雑兵といえど、何の災害かと思いかねない恐ろしさに変貌する!寧ろ少数でしか掛ってこない精鋭や女王が子供のフィギュアに思えるほどだ。そんな中に単独で吶喊してどうなるかは、例えを幼稚園を出ていないような乳児でもわかるだろう。
ここからは、これらに単独で勝つ方法だ。EDFは少数精鋭、ジェノサイドキャノンなどという殲滅兵器を相手取らねばならない手前もあり、あまり大部隊で行動はしない。ともすれば、それでは勝てないと考えてしまう輩もいるかも知れん。だが、EDFはそれで勝てないなどと弱音を吐くような屑はいない。どうすればやつらを倒せるか?
結論から言えば、攻撃を受けずに倒す、これに尽きる!
これまた、人類の軍隊に於いても必須の事項だ。だが重要事項だ、よっく覚えておけ!はっきりいって、どんなにアーマーを集めても、ダロガにティンコバルカン撃たれたり蟻やUFOに囲まれて30秒生きていられるなんてことは、ぶっちゃけありえん!!
で、唯一それを可能にするのが、射程外からの攻撃だ。ミサイル、スナイパーライフル等、まあ射程外なら何でもいい。それで敵がその武器の射程内に自分を収める前に倒せばよい。エアバイク・SDL2があれば、敵に一旦射程に収められても、すぐにその外に離脱、一方的に痛めつけることが出来る。よって、インフェルノの攻略にはSDL2が非常に大きな位置を占める。軍の備品は大事に扱えということだな!
この大鉄則さえ守れば、インフェルノは制覇したも同然だ!理論上は初期体力・初期装備のみで全てのステージの全難易度を制覇することも不可能ではないはずだ。まあ、そんなやつがいたら尊敬の念をこめて馬鹿と呼ぶが。
以上、飽くまで基本に終始したが、これは諸君の命のみならず地球を守るためにも必須の事項である!
先日、再び巨大生物の侵攻が確認された。EDFの全構成員は、不退転の覚悟でこれを迎え撃つ!その時に己の無力を嘆くことの内容、常に諸君が鍛錬を重ねることを切に願うものである。

講義はここまで! 解散!!





「&&あの、結城博士?」
「む、なんだオペ子伍長?」
「さっきから諸君とか解散って、聞いてたのは私しかいないんですけど&&」
「軍人に対して根本的なことには、あまり触れないようにな」