赤と黒(あかとくろ)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Le Rouge et Le Noir
19世紀中期フランスの作家、スタンダールが実際に起きた事件などに題材をとった長編小説。
この作品の副題は「1830年代史」であり、当時フランスを支配していたブルボン朝復古王政による抑圧された社会と、復活した旧来の支配階層に対する作者スタンダールの批判が込められていた。
しかし執筆途中の1830年に七月革命が勃発、スタンダールが批判の対象とした体制は打破された。その意味では革命前夜の雰囲気を描く本作は革命に追い越された事になる。

青年の青春や恋愛を描いた作品ではあるが、背後には「少数の幸福な人」にむけたメッセージも含まれている。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。