六道(ろくどう、りくどう)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

仏教用語。六趣(ろくしゅ)。六界(ろっかい)。
衆生がその業(ごう)によっておもむく六種の世界。生死を繰り返す迷いの世界。

地獄道…地獄。最下層に位置する世界。欲界・迷界・六道、また十界の最下層である。
一般的に、大いなる罪悪を犯した者が死後に生まるる世界とされる。

餓鬼道…餓鬼の世界。常に飢えと渇きに苦しむ亡者の世界。餓鬼は腹が膨れた姿の鬼で、
食べ物を口に入れようとすると灰となってしまい餓えと渇きに悩まされる。
前世において他人を慮らなかったために落とされた例がある。

畜生道…牛馬などの世界。殆ど本能ばかりで生きており、人間に使役され殆どなされるがままという点は
自らの力で仏の教えを得ることの出来ない状態であり、救いの少ない世界とされる。

修羅道…修羅の住まう世界。修羅は終始戦い、争うとされる。
苦しみや怒りが絶えないが地獄のような場所ではなく、苦しみは自らに帰結するところが大きい。

人間道…四苦八苦に悩まされるが、楽しみもあるとされる。
また、仏になりうるという救いもある。

天道…天人が住まう世界。苦しみは人間に比べてほとんどないとされる。
しかしながら煩悩から解き放たれては居ない。終わりの時に五衰がある。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。