レン


主人公の少年。 騎士を目指すも試験に落ち、舞台の島に来た。
気は弱いが、優しく思いやりがある。

攻撃力、防御力、HPが突出して高く、回復魔法も使える、正に騎士といった性能。
その反面、素早さは低くEXターンを相手に取られやすい。
攻撃技の「振動剣」の威力は高いものの、MPが低いので乱用は出来ない。
タフさを武器に敵の攻撃に耐えつつ、攻撃と回復でしぶとく勝負の出来るキャラ。
また、中盤に取得する「カンチョー」は、敵の行動を一定時間阻害したりと、時と場合によっては戦いをかなり優位に進められる。

持ち前のタフさに加え、スキル「緊急回避」などでさらに打たれ強くなる。

ルーチェ


本編のヒロインの少女。 記憶喪失だが、なにやら不思議な力を持っている。
明るく純粋だが、少し悪乗りが過ぎる所がある。

攻撃、防御、HPは低めだが、精神力とMPの高い、魔法使い系のステータスを持つキャラ。
ステータスは全体的に低めだが、数多くの特殊な技を覚え、間違いなく戦闘の中核をになう存在になる。
序盤に覚える、溜めれば溜めるほど威力の上がる「チャージ&ひっさつわざ」に加え、朱の力と蒼の力を使った数多くの特技を覚える。

蒼の力は
.敵の必殺技から途中で抜け出す。(ルーチェさえ動ける状態なら、パーティー全員に使うことができる)
.一定確率で蒼の力でチャージをプラスする。
.必殺技に追撃効果。

朱の力は
.敵の朱の力を相殺
.カンチョー系の回避
.毎ターン1ずつ使用し、味方が素早いような状態(味方のEXターンが起こりやすい状態)にする。

両方の力を合わせ、必殺技を強化
.朱と蒼、7消費でトリモチバズーカー
.朱と蒼、15消費でミラージュ

ミラージュの威力は、他のキャラのわざと比べ群を抜いた威力で、5000以上のダメージを与える事も珍しくない。
スキルも便利なものが多く、毎ターンHPが徐々に回復する「呼吸法」や、一定確率で敵の必殺の威力を軽減する「がまん!」と無駄が無い。

シガレット


自称、天才魔技師。
陽気で好奇心旺盛。 小さいながら数多くの発明品を武器に戦う少女。

全体回復を覚える、パーティーの回復役。
精神力、MPはパーティー1の伸びだが、体力、防御力、HPもそれなりに高く、敵の必殺技にも耐える事が多い。
全体回復の「ハーブウィンド」はもはや必須技。 早いうちから覚える全体攻撃の「ホーミングレーザー」の使い勝手も魅力。
終盤、隠しイベントでリッケルの必殺技に追い討ちをかける技も覚え、ただの回復役では終わらない活躍を見せる。
追い討ち以外の技は基本的にコストパフォーマンスが良く、隠しボス以外ではMP切れを起こしにくい。

スキルは敵の情報を読み取る「サーチアイ」、敵の必殺技を軽減するが、一定確率で逆に威力が上がってしまう「がまん!?」がある。
どちらも必須。



リッケル


妖精の村を守る守人の少女。
気が強いが、寂しがりや。 物語上でシガレットと深い友情を結んでいく。

HP,防御力が全キャラ中最低で、攻撃力も普通。 素早さ、MPは若干高い物の…といった性能だが
妖精の村でステータスを強化する事が出来る。
どこをどう強化するかによって、使い勝手が全然違ってくるという少し変わったキャラクター。

基本性能はルーチェに近く、精神力がパワーソースのチャージ&必殺技を覚えるが、
チャージ中にはMPを消費し、MPが切れるorリッケルが戦闘不能で、必殺技が暴発、味方にダメージを与えてしまう。
しかしその分必殺技の威力は強力。

必殺技をメインに戦うならHPと精神力をメインにステータスアップさせるのがオススメ。
必殺の威力がかなり高くなり、暴発を防ぐ為に体力も上げるといった感じ。

素早さやHP、攻撃力に1択でつぎ込み、際立った戦闘というのも面白いかもしれない。






テル


前作の主人公。 トレジャーハンターの少年。


HP,防御、攻撃の高い典型的な戦士タイプだが、何と言っても素早さが異様に高いのが特徴。
攻防は若干レンに及ばない物の、レンには無い素早さのおかげでEXターンを量産する様は圧巻。
全体攻撃、単体への攻撃技など、必要な技は一通り持っているものの、ボス時は素早さを上げる「速駆け」を使うのが定石かもしれない。



シルク


前作のヒロイン。 気弱な少女だったが随分しっかりしてきた様子。
テルと共にトレジャーハンターをやっている?


HP,防御は控えめだが、その分精神力とMPの高い、ルーチェに似た性能のキャラクター。
ステータス、スキルはルーチェよりも高いが、ルーチェの持つ調停者の力は使えない。
チャージ&必殺タイプのキャラだが、ルーチェが能力でチャージをプラスするように、何も消費せずにプラスする事がある。
また、必殺技時に威力が上がる「クリティカル」が発生する事がある。 
ターンの終わりに「凄いのが出そう」とのメッセージがあった次のターンはクリティカル率が高い。
「がまん」の確率もルーチェよりも高く、HPも高い為に倒れにくい。

また、必殺技時に仲間が戦闘不能だと、必殺技に倒れてる仲間の数だけ追撃を行う。
3人倒れた状態でクリティカル率の高い必殺をかませば、合計1万を余裕で超えるダメージを出したりする。
正に究極の砲台、シルクさんマジパネエす。



スティア


冒険者でボクっ娘の魔法少女。
テルパーティー1の常識人で、数多くの魔法を使いこなす。

HPは最低クラスだが、数多くの便利な魔法を覚える。
全体回復、状態異常とHPを同時回復、全体攻撃、低コスト単体技などなど。
新しく覚えた「守りの結界」は非常に便利で、消費は大きい物の味方全体に、敵の必殺を1回軽減するバリアを張る。
MPをばかすか消費しがちだが、敵の必殺を喰らうとMPが回復する「マナ吸収」がある。 が、耐え切らないと吸収してくれない。
テルパーティーでの回復はスティアしか居ないので、大事に扱いたい。

リバイブというオートスキルを持っていて、戦闘不能状態でターンを終えると、一定確率でHP1で蘇生する。



ほのか


東の国から来たサムライの少女。
気が強く、以前は仲間に溶け込めないことを気にしていたが、今は少し落ちつた様子。

非常に高い攻撃力が武器。
HP,防御、素早さもそこそこ高く、正にサムライといったステータス。
抜群の攻撃力を生かせる技が多く、そのほとんどが攻撃技。
「剣の極み」という特殊スキルを使うと、毎ターンレベル分のダメージを受けてしまうが、攻撃力が跳ね上がる。
通常攻撃で100を超えるダメージを量産できるのは恐らくほのかだけ!
パーティーの回復役のスティアを「かばう」事で守ることも出来る。





カナリア



前々作の主人公兼ヒロイン。
全パーティーのお姉さん的な存在で、優しく、頼られる少女。

数多くの回復技と、おうえん、哀願のまなざしなどのサポート技を持つ回復役。
だが、HP,攻撃、防御も素晴らしく高く、全てのステータスが満遍なく高い。
反面、攻撃技はほぼ覚えず、通常攻撃が最大のダメージソースになることも珍しくない。
新しく覚えたリジェネーターは、敵の必殺技を喰らうとその後数ターン、HPがレベル×2、回復し続けるというスキル。
もう一つの「鳥の歌」はやや特殊で、一度使用すると、その後ランダムでターンの頭に「敵にダメージor味方の回復」の効果が出ることがある。

戦士ステータスを併せ持つ回復役で、専用装備で使用MPが半分と言う事もあり、最強キャラの一角をになうキャラ。



リム



前々作のヒロイン?
明るく元気なオナラ少女。 闘技場の実力者で有名人。

非常に高いHPを持つ魔法使いタイプ。
ルーチェに似た性能で、チャージ&必殺技タイプだが、そのHPは群を抜いていて、戦士タイプのキャラたちよりも高い。
その分必殺技の威力は控えめ。
HPが減ると、一定確率で回復する「オート深呼吸」など、他のオナラキャラと比べて格段にタフ。

リム自身の必殺は威力が控えめだが、アミルと同時に必殺技を使うことで「サンドイッチバースト」という追い討ちが使える。
サンドイッチバーストは、発動条件がゆるく、コスト無しで高ダメージなので非常に頼りになる。



アル



勇者を目指す少年。
流されるままにカナリアの冒険につきあうお人よし。

全キャラ中最大のHP,防御力で、隠しボスの必殺技すら余裕で耐える。
攻撃、素早さもそれなりだが、MPが低く、通常攻撃でつつくのがメインになりそう。
それでも、その鉄壁っぷりはすさまじく、回復を怠けないかぎり倒れることはまず無いというほど。



アミル


元トランプの少女。
シルクに倒され、仲間になった。 カナリアのことが好きだが、リムとはケンカが耐えない。

ステータスに恵まれておらず、スキルもあまり有用な物が無い、チャージ&必殺のオナラキャラ。
HPの高いキャラが多いカナリアパーティーでは異例の打たれ弱さで、大事に扱わないとすぐに倒れてしまう。
しかし、専用アイテムのお菓子で補強すればステータスもまずます。
それに加え、リムとの協力技「サンドイッチバースト」は全てをひっくり返すほど強力。
カナリアパーティーではリムとあわせて最強の砲台になる。