FFDQバトルロワイアル3rd資料編@wiki 276話

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第276話:黙祷


朝の日が闇を振り払う。
それと同時に騎士の指にはめた指輪が、小さな音を立てて崩れ落ちた。
ピエールは、すでに空となっているアモールの水のビンと共に、それを適当な岩陰に隠した。
どのような跡から危険が迫るか分からないこの状況で、用心に越したことは無い。
すでにそこは、そこにピエールがいるという事実のみを除いて、何者かがいたという形跡をものの見事に消し去っている。

そこまでの工程を終えたと同時に、それはやってきた。

--放送。

それをピエールは、驚きをもって迎えた。
無論リュカは呼ばれていない。けれど…。
(…レックス様!!)
驚きに悲しみはない。己がこの手で殺すことさえ覚悟していたのだから。
けれど、一度もまみえることなく、己の全く関与しない場所で死に至ってしまうことの覚悟を、果たしてしていたのだろうか?

目を閉じる。
死者に黙祷を捧げるその時間は、何秒ともなかった。

かつても平穏な日々。魔王を倒し、失うことの危険もようやくなくなった、あのわずかな時間。
ピエールはその瞬間に、その日々を思っていたのだろうか。

それは違う。
感傷に浸るのは全てが終わってからでいい。
全てが終わり、己が死ぬそのときでいい。
だから今は、あの小さな金の髪の少年の思い出を、深い、とても深いところに仕舞い込む。

朝日を右手に、ピエールは歩き出した。
砂漠の砂は夜の冷気によって、程よく冷たい潜伏場所となるだろう。
旅の扉を目的とする参加者達をどう狙おうか考えているピエールの眼差しは、放送前と変わらず、どこまでも冷徹なままであった。

【ピエール(HP4/5程度)
 所持品:鋼鉄の剣、ロングバレルR、青龍偃月刀、魔封じの杖、ダガー、死者の指輪
 第一行動方針:西部砂漠の旅の扉へ向かう 第二行動方針:旅の扉の近くで砂に紛れ潜伏し、参加者を襲う
 基本行動方針:リュカ以外の参加者を倒す】
【現在位置:レーベ南西の山脈地帯最南部→西部砂漠】