FFDQバトルロワイアル3rd資料編@wiki 49話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第49話:最後の抵抗


「ほっほっほ…」
いつものように笑ってみる。
邪悪な表情と禍々しい雰囲気に包まれたゲマは、森の中に佇む。

魔女。それは即ち自分であり、その信念は揺ぎ無かったはずだが。
このゲームの開催者の魔女は、遥か自分の上を行き、
決して追いつけはしないだろうと思わせた。

――魔族に君臨する王の側近として名を馳せたこの私が、この小汚いゲームなどに参加ですか?
あの日殺したはずの薄汚い男と、その息子に殺されたはずの私がまた殺し合えと言うのですか?
馬鹿馬鹿しい。
これでも、嘗ては魔族において高位であった身。
二度もゴミ同然の人間に殺されることはないでしょう
その程度の自尊心は、持ち合わせているのですよ。

邪悪なその姿は、自らの放った炎に包まれた。
「アルティミシアと言いましたね?貴方の思い通りにはなりませんよ」

森の中に、甲高い笑い声が響いた。
それは、プライドを剥ぎ取られた邪悪な魔女の、最後の抵抗だった。

【現在位置:レーベ南の森北東部】
【ゲマ 死亡】
【残り 126名】