FFDQバトルロワイアル3rd資料編@wiki 369話

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第369話:魔女の力


サラマンダーとロランの戦いを見つめながら、バーバラは建物の影に身を隠していた。
(イクサス…大丈夫かな…)
洞窟を見つめ、その中に入っていった少年の身をを案じる。

『…ねが…い』
突然、バーバラの頭の中に、声が響いた。
(なに…!?)
バーバラは驚き辺りを見渡すが、声の主の姿は見えない。
『…お、願い…の…力を…受け…取っ…』
再度声が響く、気のせいなどではない。
(力? 受け取るって…)
『魔…の…からを…手を、伸ば…て』
その声は、今にも事切れてしまいそうなほどか細く弱い。
(こ、こう?)
その声に哀れみを感じたのか。彼女は言われるがまま、頭の中に直接送られてくるイメージに向かって手を伸ばした。
『ありが…う、…れと…彼に伝え…愛…てる…て』
そう言うと、頭の中のその声は、煙のように掻き消えた。

バーバラの手がそれに触れた。瞬間、ものすごい勢いで何かが体の中に流れ込んできた。

体が熱い。体の奥が燃えるように熱い。
体が冷たい。体が末端から凍り付いてしまいそうなほど寒い。
乱暴なまでに巨大なエネルギーが流れんで来る。
そのエネルギーはバーバラの体中を滅茶苦茶にかき回す。
(いや…! こんなの、入りきらない!)

魔法都市カルベローナの魔女バーバラ。その器は魔女を受け入れるには相応しい。
だが、いくら器があろうとも、彼女の体は魔女を受け入れるには幼すぎた。

溢れ出た魔女の力が彼女の意識を浸食していく。
(いや…怖い! 助けて、誰か…! イザ…)
耐え切れず、彼女は意識を手放した。

その場に倒れこんだバーバラの背中から、光の翼が生まれる。
そして意識のないその体は宙を舞い、目の前で戦闘を行う二人に向かい近づいていった。

【バーバラ(ヴァリー暴走中)
 所持品:ひそひ草、様々な種類の草たくさん(説明書付き・残り1/4) エアナイフ
 第一行動方針:不明 基本行動方針:魔女の力の制御

【現在地:カズスの村・ミスリル鉱山入り口】