FFDQバトルロワイアル3rd資料編@wiki 17話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第17話:一緒


「お茶、いれましょうか?」「ああ」
お城の中にあった台所。そこで私はお湯を沸かす。
彼――たった今出会ったばかりの旅の方は、大きなテーブルに突っ伏しながら、ぼんやりと窓の外を見ている。
疲れているのだろうか。それとも、こういうだらけたポーズが好きなのだろうか。
どちらの理由でも構わないけれど。

「……あーあ、あいつやハッサンやバーバラは大丈夫かな」
「お友達ですか?」
カップに注いだ紅茶を運びながら私は聞いた。
「友達というか、仲間だな」
「きっと優しい人たちなのでしょうね」
「ああ、機会があったら君にも紹介するよ」
「ありがとうございます」と微笑みながら、私は紅茶を差し出す。
「これでうまいケーキがあればいいんだけどな」
彼はそう言って、砂糖も入れずにそのままぐいっと飲み干した。
私はダメだ。ミルクを入れて冷まさないと飲めそうにない。



ようやく飲める熱さになったようだ。私はゆっくりと、緋色の液体を口に運ぶ。。
「おいしいですね」
自分で入れた紅茶を自分で誉めたのはやはり変だったのだろうか。彼の返事は無い。
「ごめんなさい、付き合わせてしまって」
やっぱり返事は戻ってこない。仕方ないけれど。
「本当は一人でいくつもりでした。
 でも、怖かった。たまらなく怖くて決意がつかなかったとき、あなたが現れて」
どこから吹いた風なのか。彼の髪が静かに揺れた。
「嬉しかったです。私のことを気遣ってくれて。一緒に行こうと誘ってくれて。
 私、とても嬉しかったんです。だからこんなことをしてしまいました」
彼は答えない。答えられない。
「覚めない悪夢の世界にいるより、永遠の眠りにつきたかった。
 絶望の中誰かに殺されて死ぬぐらいなら、少しでも安らいだ気分の中で逝きたかった」
ただ、命の抜けた体だけが、椅子にもたれかかっている。
もうすぐ私も彼のようになるのだろう。
「ごめんなさい、旅の人。身勝手な願いに付き合わせてしまって。
 ごめんなさい、勇者様。あなたのことを置いて逝ってしまって」
やがて体が痺れ始め、視界が白く濁りだしてきた。
バランスを保っていられずに、懐に入れたままの小瓶を落として割ってしまう。
中身は無い。全部、二人分の紅茶に入れてしまった……
「――さようなら」
それが私の最期の言葉になった。

【現在地:アリアハン城・台所】
【アモス死亡】
【ローラ死亡】
【残り 134名】