FFDQバトルロワイアル3rd資料編@wiki 61話

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第61話:道を踏み外した赤魔道士


(…自分と同い年ぐらいの男の人…こっちに来る?)
呑気にあくびをしていたフィンだが、ふと数十メートル先の人影に気がついた。
(…あの人の剣、赤い!まさか血の色…!?)
「…アルカート、誰か来る!」
「えっ?」
丁度ギルダーに背を向ける状態になっていたアルカートは、フィンの言葉でようやくその存在に気付き振り向いた。
そして目を見開く。…あの赤魔道士、魔力を高めて…!いけない、完全にこちらに仕掛ける気になってる!
「フィンさん、あの人…!」
アルカートが魔石をローブのポケットに入れながら叫ぶ。
フィンもそこでようやく明らかな殺気を感じ、一瞬で立ち上がり陸奥守を抜いたがしかし、遅かった。
「ブライン!」
「ッ!?うわッ」「きゃあっ!」
ブライン。二人の視界が暗闇に飲まれた。ギルダーはライトブリンガーを握り、一気にフィンとの間合いを詰める。
フィンは気配と殺気で相手の位置を察し、その一撃を何とか受け止めるがしかし、受け止めることしか出来ない。
間髪いれずに再び振るわれた剣を、今度はギリギリのところで受ける。…危ない、今にも弾かれそうだ。
(この状況、反撃は無理だ…どうしよう?何とか追い払う方法を―――)
剣の重なる音が何度も響く。そんなフィンの後ろでアルカートは目を閉じて集中していた。
(大丈夫…落ち着いて。回復すれば対処できない相手じゃない…こっちには気がついてない…!)
アルカートは、エスナの魔法を詠唱していのだ。大丈夫、落ち着いて、落ち着いて。
しかし、この状況で落ち着くというのも難しいものだ。アルカートの魔力は必要以上に増幅し…完成する直前だろうか、
ギルダーがその魔力に気がついた。
ギルダーは舌打ちし、フィンの横をすり抜けアルカートに向かっていった。
(しまった、アルカート!)
フィンが気がついた時にはすでに遅い。既にギルダーはアルカートとの間合いを詰めていた。
ライトブリンガーがアルカートに向かって勢いよく振り下ろされる―――

ガッ!
その刃は、鈍い音と共に直前で何かに阻まれた。
「何をしておる、ギルダー!道を踏み外したか!」
(なっ…ドーガ!?)
間一髪。ドーガがギルダーの前に立ちふさがりライトブリンガーを素手で受け止めたのだ。
紫色の血、人間の物ではないそれがぽたぽたと落ちる。
(…! 俺がドーガに勝てる訳が無い…!くそっ!)
ギルダーは一瞬の判断で、マントの下から手榴弾を取り出し器用に片手でピンを抜く。
それにドーガが目を見開いた時には―――既にお互いの至近距離で爆発が起こり、同時にギルダーが魔法を完成させていた。
「サイレス!」
「!くっ…!」
ドーガが呻く。魔法を封じられた…迂闊だった、爆風で前が見えない…!どこだ!?
視界の悪い中でもギルダーの気配が遠ざかるのが解る。…逃がすわけにはいかない…!
しかし丁度視界が開け始めたころか。数十メートルほど離れた辺りから大きな水音が聞こえ
完全に視界が開けた時には既にギルダーの姿は無くなっていた。

【アルカート 所持品:ナッツンスーツ グラディウス 白マテリア(ホーリー)
 第一行動方針:?(強烈な力の込められた石を研究する) 第二行動方針:ジオを探す
 第三行動方針:白い球体について研究する】
【フィン 所持品:陸奥守 魔石ミドガルズオルム(召還不可)
 第一行動方針:?(アルカートの石の研究の結果を待つ) 第二行動方針:アルカートを守りつつ、仲間を探す】
【ドーガ{負傷} 所持品:不明
 第一行動方針:?】
【現在位置:アリアハン北の橋からすこし東の平原】

【ギルダー{負傷}所持品:ライトブリンガー・雷の指輪・手榴弾×3・ミスリルボウ
 第一行動方針:逃げる→傷の治療 最終行動方針:生き残りサラの元へ帰る】
【現在位置:大陸中央の川→?】