FFDQバトルロワイアル3rd資料編@wiki 0話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

序章


目が覚めると、暗闇だった。
暗闇の中、複数の息遣いだけが聞こえてくる。直ぐ隣には誰かが倒れていて、その隣にも誰かが倒れていて。それが延々と続いていた。
――何だ、この状況は?
状況が全く理解できない中、彼は警戒しながら辺りを見渡した。そこにはやはり暗闇だけがあったが…いくつかの気配を感じる。
恐らくは…他にも数人が起きていて、自分と同じように警戒しているのだ。このおかしな状況を。
――そうだ、着火具…荷物は?
と、彼が荷物を探ろうとすると同時、唐突に明かりが付いた。
ただその明かりはとても小さく、蝋燭の様に儚いものだったが。そして。
「ようこそ、選ばれた選手達よ…!」

―――。
彼、フリオニールの荷物を求めていた手は、硬直して動かなくなっていた。
いや、彼だけではなく、この場にいる殆どの者が呆然とし動けなくなっていた。突然姿を現したそれに恐怖を覚えて。
その存在は、絶対的な力と悪を持っていた。それこそ自分の存在など、一瞬で消されてしまうような。
「今日は貴様等に殺し合いをしてもらう。逆らうことは許されない」

それは、確かな絶望。

―――何で、どういうことだ。
あまりにも唐突な展開と恐怖に『選手』達は息を飲み沈黙する。しかし、
「…ふざけないでッ!」
一人の女性の怒声が、沈黙を破った。フリオニールはゆっくりと声がした方に首を向ける。
血の繋がらない妹である…マリアが弓を構え立っていた。続けた。
「あなたがどんな人なのか知らないけれど、殺し合いをさせられる覚えはないわ!」

ぱぁんっ!

―――。
フリオニールは、その出来事を理解することが出来なかった。
マリアの放った矢は間違い無く奴の心臓を貫く筈だったのに―――。
何故、マリアが倒れている?何故、マリアの胸に、矢が―――。
マリアは、目を見開いた表情で仰向けに倒れた。心臓に、マリアが放った筈の矢を深々と刺して。
一瞬の出来事だった。

「……ッマリアーーーーーーーーーーッ!!!!」
薄闇の中、女性達の悲鳴と、フリオニールの悲痛な叫びが響いた。

【マリア(FF2) 死亡】
【残り 138名】


「ふざけている? 誰もふざけてなどいない」
冷徹な言葉と共に、声の主は闇の中から姿を見せる。
はっきりと光に照らし出されたその姿に、誰もが再び息を飲んだ。
女だった。奇妙だが豪奢なドレスを身にまとった、細身の女。
だが、全身に膨大な魔力を纏い、目には絶望の色を湛え、美しくも邪悪なその姿は――
「魔女……アルティミシア」
乾いた声で、誰かが言った。
けれども、当の魔女はそのつぶやきも意に介さぬ様子で、そっと手を振った。
それを合図にしたかのように、広間中で何かが砕け散る音が響く。
「お、俺の剣が!?」
青い帽子をかぶった剣士が驚愕の叫びを上げた。崩れ落ちた剣の残骸を握り締めながら。
いや、彼の剣だけではない。いかなる技か、広間にいる者が持つ武器全てが、今や白い灰と化していた。
魔女は続けて、尖った爪を虚空にかざす。
その先からほとばしる光が広間を埋め尽くし、ほんの一瞬だが全てを白一色に塗りつぶした。
「お呼びでしょうか、アルティミシア様」
光の後に現れたのは、漆黒の鱗で覆われた巨竜であった。
青い皮膜を広げ優雅に宙を舞う姿は、竜王バハムートを思い起こさせる。
アルティミシアの下僕となったG.F.――ティアマトだ。
「この者達にゲームの説明をしてやれ」
魔女はうやうやしく跪いた巨竜に一言だけ残し、闇に消える。
フリオニールはそれでも魔女に追いすがろうとしたが、その願いは叶わなかった。
近くにいた仲間が止めたため、そしてティアマトが彼の行く手を阻むように舞い降りたためだ。

邪悪な竜は、唇をかみ締めるフリオニールを嘲笑いながら話を始めた。
「アルティミシア様が言われたが、貴様らにはこれから殺し合いをしてもらう。
 ルールは単純だ。この場にいる全てを蹴落とし、生き残る。それだけだ。
 だが、勝つためには全てが許されているというわけでもない。
 禁止事項を破れば、貴様らのつけている首輪が爆発する」
ティアマトの言葉に全員が首に手を当て、言葉を失う。
いつのまに着けられたのか?
無骨な金属の塊は大した重さも感じさせず、だが、確かに全員の首に巻かれていた。
「もちろん爆発と言っても小さなものだが……貴様らの脆い首を吹き飛ばすには十分だ」
ティアマトは喉を鳴らした。多分、笑ったつもりなのだろう。そして再び言葉を続ける。
「禁止事項は以下の三つ。
 一、会場から逃げ出そうとする。 会場に設定された境界線を越えれば爆発するということだ。
 二、禁止された魔法や技を使用する。これは場合によって追加されることがある。
  なお、最初から禁止されている魔法は「ラナルータ」のみだ。
 三、力づくで首輪を外そうとする。以上だ。
 そうそう、付け加えておくが二十四時間以内に誰も死ななかった場合は
 全員の首輪が爆発するようになっている」
「――つまり、殺しあえば一人だけは生き残れるが
 殺しあわなければ誰一人として助からない、そういうことかい?」
会場の片隅で静かに話を聞いていた銀髪の男が、冷めた瞳でティアマトを見上げる。
巨竜は我が意を得たりとばかりに大きくうなずいた。
「そういうことだ。もっとも、今のまま素手で殺しあえとは言わん。
 これから一名ずつ名前を呼んでいくから、呼ばれたものは後ろの扉から外に出ろ。
 そこで武器や食料などが入った袋を支給してやろう。 
 もっとも、武器といってもどの袋に何が入っているかはわからんし、全てが有用な武器でもない。
 下らない玩具を引いてしまった者は、運が悪かったと諦めるのだな」
そして、ティアマトは最初の名を読み上げた。
――呪われたゲームに放り出される、最初の生贄の名を。


名を呼ばれたのは、アーヴァイン=キニアスだった。
「僕が一番最初ってことは、まさかアイウエオ順なの?」
「ああ、そうだ」
青年の問いに、ティアマトはあっさりと肯定する。
「ふーん。まあいいや、それじゃあ行ってくるよ」
傭兵としての訓練ゆえか、緊迫感がないだけなのか、あるいは空元気を装っているだけなのか、
いずれにしてもアーヴァインは普段どおりの軽い調子で言った。
「待て」
その態度が不満だったのか、巨竜は少し苛立しげに呼び止める。
「説明が一つ抜けていた」、そう言ってティアマトは心臓に矢を受けたマリアを見やり、唇の端を邪悪に歪めた。
「首輪の威力についてだ」

マリアの傍で肩を震わせていたフリオニールの耳に、それは聞こえてきた。
断続的に流れる、耳障りな電子音。その間隔がだんだん短くなる。
戦士としての勘が、危険だと告げる。音を止めろと警告する。
だが彼にはどうしようもない。やがて音が重なり、ピーーーというアラームへ変化した時……

思っていたよりも軽い音がした。シャンパンの栓を抜いたような。
けれども宙に舞ったのはコルクではなく人の首で、地に撒かれたのはワインではなく血であった。
狙いすましたかのように足元に落ちた生首に、アーヴァインの顔が青ざめる。
首を失った死体を見て、フリオニールの顔から全ての表情が消える。
悲鳴さえ上がらず、広間に忍び寄る死のような沈黙が落ちる。
ただ一匹、ティアマトだけが満足そうに参加者たちを見下ろしていた。
そして立ちすくむ青年に向かい、短く言い放った。
「行け」、と。