FFDQバトルロワイアル3rd資料編@wiki 79話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第79話:どこかに残るなにか


――なぜ、自分は死のうとしなかったのだろう。
なぜ、この女性は自分を助け、剣士を止めようとしたのだろう。
数時間前のフリオニールなら、きっと即答できたはずだ。
けれども今の彼にはわからない。それを哀しいとすら思えない。そういった情動を感じる『何か』が、凍り付いてしまった。
「……」
ただ、頭の中にある記憶と経験が。
そしてほんの少しだけ凍らずに残された『何か』が告げる。
フリオニールの身体は、それに従った。
眠るミレーユを揺さぶり、簡単には目覚めそうにないとわかると、彼女の身体を担いで気付かれぬよう戦場を離れる。飛ばされた盾を拾うことも忘れない。
そしてしばらく歩いていると、突然目の前の建物から一人の男が飛び出した。
「おい、大丈夫か!?」
バンダナを巻いた男――ロックが、フリオニールに話し掛ける。
フリオニールは、背中に持たれかかった女性を見て、淡々と言った。
「……意識がない。魔法のせいだ。起こそうとしたが、起きない」
機械的に言葉を紡いだ彼に、ロックは少しばかり眉を潜めたが、すぐに気を取り直す。
「わかった。その人と一緒に、ここでじっとしていなよ。
 あと、よかったら盾を貸してくれないか?」
フリオニールはあっさりうなずいた。ロックは白く輝く盾を受け取り、走り出す。
(仕掛けるなら今しかない)
もし、緑髪の二人組が負ければ、青い服の男は自分達を襲うはずだ。
そうなれば勝ち目はゼロになる。自分には武器がないし、あの二人はどう見ても戦える状態ではない。
逃げるという選択肢は考えなかった。
仮に考えついたとしても、彼の過去が、それ以上に彼自身の矜持が許さなかっただろう。
(くそっ。この盾、結構重いな)
――ロックは知りようもないことだが、本来ならば天空の盾は常人には扱えない。
選ばれぬ者には、『結構重い』どころか持ち上げることすら難しいはずだ。
けれども、主の手を離れた今の間だけ、気紛れに力を貸したのか。
あるいは勇者を助けるため、ロックにその身を委ねたのか。答えは、盾にしかわからない。
(これ一つでどこまで戦えるか……やれるところまでやってやる!)

二対一でありながら、戦況は五分五分だった。いや、どちらかといえばソロ達の方が不利だったかもしれない。
「まさかこの程度で全力とか言わないだろうな?」
まだ余力を残しているのだろう。テリーは嘲りながらも、仕掛けてくる。
「二人がかりのハンデ戦なんだぜ、もう少し真面目にかかってこいよ」
(どこがハンデ戦だよ、呪文を跳ね返せるって時点で反則だろ)
ヘンリーは小さく舌打ちした。
本来、彼の戦闘スタイルは、呪文で敵を撹乱しその隙を突くというものだ。
純粋に剣の腕前だけでは、本職相手に渡り合えるわけがない。
ソロは、自分よりは遥かに高みにいる。だが、それでも相手の腕に及ばない。
……せめて、マヌーサでも効けば一気に戦況を覆せるのだが。
そう思った時、ヘンリーの視界に奇妙な物が映った。
物陰で隙をうかがうバンダナを巻いた男。その手に握られているのは――
(天空の盾!?)
彼が知る限り、親友の息子レックスしか装備できぬはずの盾。
それを誰とも知らぬ若い男が、身に付けている。

ソロも、男の姿に気付いた。一瞬だけ視線が交錯する。
その目に宿る輝きが教えた。彼は、自分たちの味方だと。
(ヘンリーさん……)
テリーに聞こえぬよう、小さく声をかけた。
ヘンリーがうなずいたのを確かめ、ソロは一気に走り出す。
テリーは唇の端を吊り上げながら、向かえ討たんとばかりに駆けた。

――ソロの後ろで、ヘンリーが呪文を唱えていたことは気付いていた。
彼に構わずソロの相手をしようとしたのは、指輪をはめた自分には呪文など無意味だと考えたためだ。
それが油断だった。
ヘンリーの呪文が完成する寸前、ソロの持つ剣が光り輝き、透明な壁を作る。
(――っ!?)
「イオ!」
テリーが離れようとしたその時、両者の間に爆発が起きた。
けれどもソロへと迫る熱風は光の壁に跳ね返され、正面に立つテリーへと襲い掛かる。
反射された呪文を再び反射することは、どのような魔力を用いても不可能だ。
舞い上がる砂埃と爆風に翻弄されつつも、なんとか青年は体勢を立て直そうとする。
(ちっ、味な真似を!)
テリーは追撃を用心し、砂煙へと目を走らせる。だが、ニ撃目は予想外の方向から飛んできた。
地を蹴る音、それが背後から聞こえたと気付き振り返った瞬間、煙を裂いてバンダナの男――ロックが現れる。
とっさの反撃、だがそれすらも跳ね除けるかのように、右手の盾を押し出して――
全体重を載せた体当たりが、テリーの身体を突き飛ばした。

フリオニールは路地の上で、四人の戦いを静かに見つめていた。
建物の中に隠れようとしなかったのは、ロックに「ここにいろ」と言われたからだ。
「う……うん」
爆発音のせいか、呪文の効力が切れたのか。背に負ぶわれたままのミレーユがようやく目を覚ます。
「テリーは……テリーはどこ?」
フリオニールは何も言わず、無造作に指を指した。
そして、ミレーユの瞳が見開かれた。

「やった!」
歓声を上げたのはヘンリーだった。続いてロックが、安堵の息を吐く。
二人ともここまで上手くいくとは思っていなかったのだ。
だが、ソロだけは気付いていた。
「ダメだ! まだ決着は……」
その言葉が終わったかどうか。
一瞬の出来事だった。
テリーが身を起こしたとヘンリーが気付いた時には、真紅に輝く瞳が目前に迫っている。
防御は間に合わない。
たった一撃で、ヘンリーの剣は弾き飛ばされ、宙に舞う。
テリーは己の武器を捨て、代わりに、導かれるように落ちてきた雷鳴の剣を手に収めた。
青年の唇が動いた。ヘンリーだけが、音無き声を読み取れた。
『死ね』――シンプルな一言だった。

「止めて、テリーーーーーっ!!」

ミレーユが叫ぶ。狂気の剣が閃く。
どちらが早かったのだろう? ――多分、同時だったに違いない。
赤い飛沫が空へ散った。肉を断ち切る不快な音と共に。
胸の辺りを十字に抉られ、ヘンリーは糸の切れた操り人形のように力無くくずおれる。
「邪魔ばかりしやがって……」
凍りついた空間を、憎々しげなテリーの声だけが渡る。その体が、不意に宙に浮かび上がった。
「今は退いてやるよ。この剣に免じてな」
返り血で汚れた天使の翼をはためかせ、テリーの姿は家並みの向こう、南の空へと消える。
ミレーユは呼び止めることもできなかった。
ただ、弟を止められなかった後悔に身を震わせるしかできなかった。

「ヘンリーさん!」
ソロとロックが、血にまみれたヘンリーに駆け寄る。
フリオニールの背から降りたミレーユが後に続く。
「おい、死ぬな! しっかりしろ!」
ロックが呼びかける、と、突然ヘンリーが目を開けた。
瞳ははっきりと焦点を結び、ロックを見つめる。
ゆっくりとだが自力で身を起こし、悪態までついてみせた。
「バカヤロウ、こんなところで死んでたまるかよ……」
その様子に、思わずほっとする男二人組。
しかしミレーユは、じっとヘンリーの背後を見つめていた。
「あなたは、何か不思議な力に守られているみたいね」
ふと、彼女の表情に翳りが兆す。自分の無力感を噛みしめるように。
「だから助かったんだわ……テリーは、本気であなたを殺すつもりだった」
だがヘンリーは頭を振った。
「違う……奴を止めたのは、あんただ」
「え?」
「あんたが叫んだ時、少し……奴の力が弱まった。
 どんな関係だか知らないが、忘れたつもりでもどこかに残ってるんだろう。
 忘れたつもりでも、記憶や心のどこかに……あんたのことが……
 だから今も……俺に……止めを、ささずに……」
言い終えぬうちに、ヘンリーの体から再び力が抜けた。
「おい! 早いとこ手当てしないとまずいんじゃないか?」
慌てて脈を取りながら、ロックが言う。
ミレーユは困惑したように、ヘンリーとソロを交互に見た。
ソロは彼女の意図を察し、微笑を形作りながら答える。
「回復呪文は僕にも使えます。ここは任せてください」
「……ごめんなさい」
ミレーユは頭を下げ、村の外へと走り去っていった。
弟を、今度こそ止めるために。

【フリオニール(感情喪失) 所持品:なし
 行動方針:静観?】
【ヘンリー(気絶、重傷) 所持品:G.F.カーバンクル(召喚可能・コマンドアビリティ使用不可)
 行動方針:傷の治療】
【ソロ 所持品:さざなみの剣 水のリング
 行動方針:ヘンリーの治療】
【ロック 所持品:キューソネコカミ 天空の盾 クリスタルソード
 行動方針:ソロ達の手助けをする】
【現在位置:レーベの村中央部→宿屋 】

【ミレーユ 所持品:月の扇 エルメスの靴
 行動方針:テリーを追い、命に換えてもテリーを更正させる】
【現在位置:レーべの村→南へ】

【テリー(DQ6) 所持品:雷鳴の剣 イヤリング 鉄の杖 ヘアバンド 天使の翼 リフレクトリング
 行動方針:自らの力を試す=ゲームに勝利する】
【現在位置:レーベの村→南へ】