FFDQバトルロワイアル3rd資料編@wiki 108話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第108話:ゲームの被害者


「操りの輪…!?」
ロックは呆然とそれを見つめる。――操りの輪。
そのサークレットは、かつてティナを追い詰めていたものに違いなかった。
そして今、それをにつけている女性がゾッとするような笑みを浮かべ――こちらに向かってくる!
「ま、待て!アンタは…うわっ!」
おそらくは操りの輪の影響下にある女性。説得しようと静止の声をかけるロックだが、もちろんそう簡単にいくはずもなく。
正確に自分を狙い、迫る鞭を剣で受け流すことしかできない。
(まずい、何とかして輪を壊すか、この人を気絶させるか…
 つってもこの剣で輪を攻撃すれば、頭が砕けるだろ…どうする…?)
対峙しながら思案するロックは、そのまま女性から一瞬だけ視線を外し、はっとした。
いつの間にか、女性の背後にフリオニールがまわりこんでいた。その手にはしっかりと銅の剣が握られている。
――そうだ、フリオニールは操りの輪のことなんか知らない、当然の行動だ。でも、殺すのは――!
「フリオニール、やめろ!!この人は――」
「ロックさん!?どうし…」
叫ぶロック、それを聞いてぴたりと動きを止めるフリオニール。
同時に、ソロが勢いよくドアを開き、ビアンカが開いた部屋へ二人をすりぬけて入っていった。

「…ビ、ビアンカさん!?」
ベッドに座っていたヘンリーは、突然の侵入者の姿を見て驚きの声を上げた。
そんな彼にビアンカは変わらぬ笑みで迫る――鞭をふるう。
今の彼女にとっては家族以外のすべてのものが殺害対象であり、ヘンリーも例外ではないのだ。
そして、ヘンリーが目を見開くよりも早く、ファイアビュートが――
――ピシィッ!
間一髪というタイミングで阻まれた。ビアンカは驚いたように振り返り、静かに剣を構えるソロに向き直る。

「ヘンリーさん…知り合い、なんですか?」
じりじりと対峙したままソロが問うが、ヘンリーは答えない。
ただ、信じられないといった様子で呆然とビアンカを見つめている。
「…ビアンカさん…?」
「違う、その人の意思じゃない!頭の輪を壊すんだ!」
ロックがソロの後ろから叫ぶ。
「輪…?」
ソロが呟き、それを見た。操りの輪はビアンカの頭の上で怪しく輝いている。
なるほど、そういうことか。ソロもヘンリーも理由は納得する。でも、問題は…

ビアンカはにやりと笑い、目の前のソロに鞭をふるう。ソロが天空の盾でそれを受ける。
先程のロックと同じだ。止める方法がわかったからといって簡単にはいかない。
「壊すっていっても、どうやって」
「!」
ヘンリーが言い終わらないうちに、ビアンカは目を見開いた。
ソロの後ろから凄い勢いで、フリオニールが飛び出してきて――
フリオニールは、今度はロックが止める間もなくビアンカに銅の剣を振るった。輪の部分を機械的に、正確に狙って。
ピシィ、と、硝子にひびの入るような音がした。
「――――きゃああああ!!!!!」
ビアンカが額を抑えて悲鳴を上げる。彼女の額に、細くて長い形の…ある意味では美しい傷が入っていた。
血が流れ出したがしかし、傷は浅い。その悲鳴の原因は痛みではなく――
――ビアンカの心は一瞬の間、別の意識へと飛んでいた。


『――このままでは、貴女の家族を殺す敵を、殺すための貴女が、殺される…』

 ――何?どういうこと?

『今は逃げろ、逃げないと殺される』

 ――私が、殺される?

『忘れてはいけない。貴女が死んだその時が、貴女の家族が殺される時だということを』

 ――そう!私が殺されたら、リュカが、レックスが、タバサが、殺される!

『逃げろ、私が壊される前に、早く!』


「いやああああああああっっ!!!!」
ビアンカはありったけの声で絶叫すると、ファイアビュートを滅茶苦茶に振り回した。
予想していなかった行動に、ソロとロックはあわてて避け、フリオニールはふりはらわれたかのように離れる。
ビアンカはそのまま、頭を、ひびの入った操りの輪を抑えながら外に向かって駆け出した。
いちはやくそれを確認したソロが、それでも少々遅れて飛び出す。
――宿屋前から見た範囲では…既にいない。どちらの方角にいったのかもわからないが、
…やはり、追うべきだろうか?ヘンリーさんの友人が、何か特殊な物によって錯乱しているんだ…。

「何で待たなかったんだ!!」
考えるソロの耳に、唐突にヘンリーの怒声が届いた。
ソロは眉を潜める。…ビアンカを追うことはひとまず中止し、あわてて宿屋に戻った。

「あんな方法、思いついてもやるか!?人の命をなんだと思ってんだ!!」
怒りの表情を浮かべたヘンリーが、フリオニールの胸倉を掴んで叫ぶ。
しかし、当のフリオニールは眉ひとつ動かさず、されるがままに怒声を浴びている。――しかし。
「ビアンカさんは俺の親友の、大切な妻なんだ!もし…もし、死んだら、どうしてくれるつもりだった!!」
「……死んだら?」
"死ぬ"という言葉に、ぴくりとフリオニールの身体が動いた。ヘンリーは構わずに続ける。
「…怪我ですんだのがおかしいぐらいだ!下手したら死んでた!お前がビアンカさんを殺してた!!」
「………ッ!」
フリオニールは今度こそ目を見開いた。そのまま、ヘンリーから逃げるようにうつむいて――
視界に、紅いものが映った。床に落ちたビアンカの血。

どくん。
心臓が大きな音を立てた。同時に、わけのわからない感情が栓を抜いたように湧きあがってきた。
…死ぬ?殺す?なんで、俺はこんなことを。なんで、俺はこんなところに。血が、紅い血が、ああ、嫌だ――――マリア。

「…い、やだあああああっ!!!!」

「!?うわっ!」
「ヘンリーさん!?」
フリオニールはありったけの力で、ヘンリーを突き飛ばした。
怪我を負っているヘンリーはそのまま壁にぶつかり、ううと呻きながら頭を振る。
「――おい、フリオニール!?」
ロックが、はぁはぁと荒い呼吸をしながら立ちつくすフリオニールに声をかけた。
フリオニールはロックを怯えたような目で一度だけ見ると――すぐに駆け出した。ビアンカと同じように。
「おい!待て!!」
ロックはあわててその後を追った。

「ヘンリーさん、大丈夫ですか!?」
たった今出て行ったばかりのフリオニールとロックを気にしながらも――ソロは、ヘンリーに駆け寄る。
「…このぐらい余裕だって…」
ヘンリーは頭を掻きながら起き上がった。その顔からはまだ怒りが抜けていない。しかし、
「…悪いな、俺のせいだ…」
ぽつりと言った。俺のせいで二人ともいなくなってしまったと。
ソロはそんなヘンリーに何も言えず、うつむくしかなかった。
…ヘンリーは悪くない。でも、だからフリオニールが悪いかというと、それも違うように思えた。
ソロは、自分の無力さと、このゲームに対する憎しみを感じ、唇を噛む。
ロックさん、フリオニールさん、ビアンカさん、
それに…仲間達は、シンシアは、この最悪なゲームの中で無事でいるんだろうか。
いや、少なくとも…このゲームに放り込まれた時点で、無事ではないのかもしれない。みんな、被害者だ。
ふと外を見てみるが、開いたままのドアからはただかすかな風が入ってくるだった。

【ソロ(MP消費・疲労) 所持品:さざなみの剣 天空の盾 水のリング
 行動方針:ヘンリーに付き添う】
【ヘンリー(負傷) 所持品:G.F.カーバンクル(召喚可能・コマンドアビリティ使用不可) 行動方針:傷の治療】
【現在位置:レーベの村宿屋1F】

【フリオニール(感情喪失?) 所持品:銅の剣
 行動方針:逃げる(錯乱状態)】
【ロック 所持品:キューソネコカミ クリスタルソード
 行動方針:フリオニールを追う】
【現在位置:レーベ村の外へ】

【ビアンカ(暴走状態) 所持品:操りの輪(半壊) ファイアビュート
 第一行動方針:逃げる 基本行動方針:リュカ、子供達以外の全員を殺害】
【現在位置:レーベの村から脱出】