FFDQバトルロワイアル3rd資料編@wiki 354話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第354話:オニゴッコ


「ち……っ!」
「逃げるな男!出来るだけ奇麗に壊してやる!」

レオンハルトはデールの猛攻に手を焼いていた。
彼は木陰から隙を突いて逃亡し、デールを撒こうと考えていた。
だがあの時は幸い弾切れの不安もあったデールが引き金を引くことを躊躇い、助かった。
しかしどうやら危険な賭けに負けてしまったらしい。今は肝心のデールに追いかけられている。

「本当は戦っても良いんだが……!」

だが、今の彼には少々難しい問題だ。
何せ今の彼はフリオニールの事で必死になり、集中力も散漫になっている。
そして「殺す気満々の人間」と「無闇に人を殺す事を躊躇う人間」が戦っても、当然後者が不利だ。
そしてこれも当然だが、自分は後者の方だ。

だがそうこうしている内に、城の出入り口にたどり着くことが出来た。
このまま外に出れば、撒ける可能性も高くなる。
そう考えながら彼は外へと飛び出した。
そしてその刹那に彼は、依然後ろから追いかけてくるデールを見た。

デールは笑っていた。
笑っていたのだ、静かに。
そして彼は引鉄を引いた。マシンガンの引鉄を、引いた。


辺りに、銃声が広がった。



「もう~、なんなんだってば~」

サラの寝室の棟にある部屋で、アリーナは休息を取っていた。
そして新たな銃声に不平を漏らし、そしてそのまま休息に入った。
あのギルダーと名乗った男に回復してもらってはいたものの、まだ完治には至っていないのだ。
とにかく今からは先の事も考えて、スタミナを温存しなければならない。
故にこうして休息を取り、体力を少しでも取り戻そうと考えているのだが……。

「だから聞いたら疲れるような音出して欲しくないんだけどな~」

だからこそ、先程から聞こえる発砲音が耳障りだ。
どうせならあの音を頼りに持ち主を探し、消してしまおうかとも考えたが……それは止めた。
そんな事で体力を消費させても仕方が無いだろう。

「ま、暫く潜伏と行きますか!運良く人がここに来ても殺せば良いだけだし」

そう言うと、本格的にそう決めたようで、辺りを警戒する事にした。
そうだ。血塗れの自分が血塗れの部屋の近くにいれば、自分が隠し通せるはずも無い。
それに赤い血の足跡も廊下に付いてしまっている。
だから、人を見つけた瞬間殺さなければならない。先程の様な芝居をしてはならない、する必要がない。

こうして彼女は、糸に掛かる蝶を待つ蜘蛛の如く…静かに待っていた。
そして一言、先程から気になっていた事をポツリと漏らした。

「あの音……なんなんだろ」



「なんなんだ、だって?そう訊いたのか?」
「ああ……そんな物見た事が無い!なんなんだ!」

レオンハルトは呻きながら、デールの問いに答えた。
デールの撃った数発の鉛玉。それがレオンハルトの右肩を貫通していた。
だがレオンハルトには何が起こったのかが理解できない。
大きな音とともに右肩に怪我を負った、それだけなのだ。
そしてレオンハルトは、デールに武器の事を訊いたのだ。答えてくれるとは思わないが。

「まぁ、知らなくても良いことだ。もうすぐ死ぬんだろう?」

デールはそう言った後、アポカリプスを構えた。
だがレオンハルトは諦めなかった。
右肩を抑えながら、森の中を南西へと走り出したのだ。

「……おや、痛めつけてやったはずなのに」

まだ走るのか、と逆に感心するデール。
だがそう悠長なことも言ってはいられない。

レオンハルトを追う為に、彼もまた森を走り出した。

【レオンハルト(右肩負傷)
 所持品:消え去り草 ロングソード
 第一行動方針:デールから逃げるために南西へ走る
 第ニ行動方針:フリオニールを止める 
 最終行動方針:ゲームの消滅】

【デール 所持品:マシンガン(残り弾数1/4)、アラームピアス(対人)、
 ひそひ草、アポカリプス+マテリア(かいふく) リフレクトリング
 第一行動方針:レオンハルトを殺す為追いかける
 第二行動方針:皆殺し(バーバラ[非透明]とヘンリー(一対一の状況で)が最優先)】

【現在地:サスーン城 近くの森】

【アリーナ2(分身) (HP 4/5程度)
 所持品:E皆伝の証 E悪魔の尻尾 ライトブリンガー 手榴弾×2 ミスリルボウ
     ファイアビュート 雷の指輪
 第一行動方針:体力が回復するまで休息/殺すべき他の参加者を待つ
 第二行動方針:出会う人の隙を突いて殺す、ただしアリーナは殺さない
 最終行動方針:勝利する 】
【現在位置:サスーン城東棟 小部屋】