FFDQバトルロワイアル3rd資料編@wiki 51話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第51話:蘇った命


恐ろしいほどの殺意を込めた目で、ただその男を睨み続けるミンウ。
だがその男のほうはそれを臆することもなく、ミンウを冷めた目で見返していた。
「…白魔道士ミンウよ…勘違いをするな。私はこのゲーム、無差別に人間を殺すつもりはない」
「嘘を吐くな…!現に貴様は今その男を殺しただろう、皇帝!」
そう。男――皇帝マティウスの足元には、背中に巨剣を突き刺した男=バレットが倒れていた。
誰がやったかなど、一目瞭然である。しかし、肝心のマティウスは表情を崩すことなく淡々と述べていく。
「これは自衛の結果だ、いきなり殴りかかられて黙っている訳にもいかぬのでな」
ミンウはわからない、といったふうに首を振った。
「…わからない、貴様の目的は何なのだ!」
「目的…か。そうだな、敢えて言うならば…」
マティウスは口元に手を当て、少々考えるような仕草をしてみせてから、言った。
「…知りたいな。何故また、私が蘇ったのか…
 悪である筈の私が何度も蘇ることができるのはやはり、力こそ全て、それだけが正しいことであるからか?」
「ふざけるな、貴様と反乱軍の私どちらが正しいか…今ここで私が貴様を葬る!」
ミンウは支給品である槍、ビーナスゴスペルを構えた。
…槍なんて数回しか握ったことがない、これで倒せる訳がない、しかし。
「まさか、私に勝つつもりなのか?その愚かさを理解した上での行動だろうな?」
「黙れえええッ!」
ミンウは構わずに飛び込んでいった。

ビーナスゴスペルが風を切る音が何度も響く。
ミンウの攻撃は、ビーナスゴスペルに埋め込まれたスピードマテリアの影響で通常よりも数倍は早い。
しかしミンウは魔道士だ、元々武器攻撃は得意でない。マティウスは涼しい顔で攻撃を避け続けている。
―――狙い通りだ。
(皇帝にとっては直ぐにでも私を殺せる状況…完全に油断している。まさか詠唱には気付かないだろう)
そう、ミンウは飛び込んでいった時から数十秒間、攻撃の手を緩めることなく究極呪文の詠唱を続けていた。
通常、詠唱というのは動きを止めた状態で集中し行うものだ。攻撃や防御をすればそこで集中が途切れ、魔法は中断される。
しかしミンウは確かに究極魔法の詠唱を続けていた。白魔法を極めた彼だからこそ成せた技かそれとも、皇帝への憎しみ故か。
―――完成した。あの時、封印を解いた時と同じように、全ての魔力を使ってでも―――
ミンウは瞬時に間合いを取り、ビーナスゴスペルを投げ捨て…魔力を一気に放出する―――!
「―――アルテ「フレアー!!」

アルテマの呪文は、完成することはなかった。
ミンウの身体は皇帝の炎呪文を真正面から受け前のめりに倒れた。真っ白なローブは焼け焦げて黒くくすんでいる。
(………何故だ…?何故?倒せるはずだった、のに…)
朦朧とする意識の中、また皇帝の炎呪文を唱える声が聞こえてきた。今度は至近距離で。
(…駄目だ、立てない。ああ、私は、また…)
その思考を最後に、ミンウの身体は一切の機能を停止した。

「貴様の単純な思考が、私に読まれないとでも思ったのか?」
マティウスはミンウの死体を見下ろし、苦笑いを浮かべた。
マティウスは、詠唱を続けているミンウに気が付いていた。皮肉なことに。
ミンウは、マティウスの詠唱には気がつかなかった。それだけの違いだった。
「折角蘇った命、貴様のようには散らせたくないものだな。…白魔道士ミンウよ」
マティウスはそれだけ言い残し、バレットの死体から、かつて自分を死に至らしめた剣を引き抜くと去っていった。

【マティウス 所持品:ブラッドソード
 第一行動方針:落ち着ける場所を探し移動→見つけ次第そこで待機(非好戦的だが不都合のある相手は殺す)
 最終行動方針:何故自分が蘇ったのかを知る】
【現在位置:レーベ南西の山脈地帯最南部→移動】

【バレット 死亡】
【ミンウ 死亡】
【残り 124名】