FFDQバトルロワイアル3rd資料編@wiki 26話

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第26話:"竜王"


(ちくしょう…何所まで追ってくる気だ…。)
金髪の鶏冠頭の青年、ゼルは洞窟を逃げていた。
(あんな強そう奴と戦ってられるかってんだ!)
なぜ追われているのか、それは数分前にさかのぼる。

「ぅー、痛ってぇなぁ…まだ頭がズキズキするぜ。」
と、ゼルは洞窟の近くに放り出されていた。
とはいい、出るタイミングが分からなかったので、派手に頭から突っ込んでしまった。
そして、彼は考え込んだ、このゲームの主催の魔女について。
(―俺らが倒したはずの次元の魔女がいる、そして俺たちに殺し合えと言っている。
 冗談じゃネェ!絶対に止めてやるぜ!)
と、彼は心の中で決めた、もう一度倒すと。
「さて…俺の支給品は…?おっ、いいじゃねぇか!」
そう彼の袋の中に入っていたのは、服と帽子だった。
素手で戦う彼にとっては、剣だとかそういう武器ではなかったのは助かった。
そして、彼は服と帽子を着た、その直後だった。
「げ、な、なんだよアレ……」
そう、彼の目の前には人のような、でも人ではないような者が経っていた。
そして、そのものはゼルのほうを向き。
「ほう…先ずは一人…私の為に、死んで頂こうか。」
そう、それは”竜王”と呼ばれる、ある世界の魔王だった。
ゼルは見た、その邪悪に満ちた顔を。
そして、彼の戦闘の経験と知識が彼にこう言った。”逃げろ”と。
ゼルは走った、後ろにあった洞窟へ、一目散へ。

竜王は、以前ゼルを追ってきている、戦えば殺される、竜王の放つ気配が物語っていた。
そして、リュカ達のいる部屋を超速で素通りし、竜王もそれについていった。
「ん?今何か通ったかな?」
リュカは、ケット・シーに尋ねた。
本気になれば飛空挺をも上回る脚力を持つゼルを、見ることが出来ただけでもものすごい動体視力だ。
しかし、ケット・シーはこう返した。
「え?何かとおりました?ワイには見えんかったし、何も通ってまへんですよ。」
「そう、かなぁ?」
と、リュカは首をかしげていた。

(ちくしょう!あの階段を上るしかねぇ!)
ゼルは、追い詰められたと思った、出る先は、きっと孤島なのだろうと。
しかし、登らなくてもあの怪物と戦わなくてはならない、一人では確実に死んでしまうだろう。
そうやって、ほぼヤケになり階段を上った。
―見えたのは塔のような入り口と、二人の人だった。
人が見えたことを確認すると、ゼルはこう言った。
「おい!逃げろ!とんでもない奴が襲ってくるぞ!」
と、ゼルは、怒鳴り散らすような声で言った。
すると、入り口にいた戦士が一人言った。
「逃げろって、何があったん―――」
戦士の言葉はそこで切られた、恐怖から来るものに切られた。
傍にいた僧侶も、畏怖の表情を浮かべ、小さく叫んだ。
ゼルも後ろを振り向いた、そして、恐怖の衝撃が彼を襲った。
しかし三人が立ちすくんでいる中、現れた青年と少女。
少女は僧侶と同じ畏怖の表情を浮かべていたが。
青年は………鋭い眼光で怪物を見ていた、そして呟いた。
「竜王…………」と。
しかし、彼らも怯えるばかりではない、目も前に立ちはだかる魔王を倒そうと決意し、戦う構えを取った。

「ほう、ロトの血脈を引く者もいるのか、ならば丁度いい、まとめて薙いでくれるわ!」
竜王のその声は塔と塔に繋がる洞窟に響いた。

【サックス 所持品:水鏡の盾 チョコボの怒り
【フルート: 所持品:草薙の剣 スノーマフラー
【リルム 所持品:英雄の盾 絵筆 祈りの指輪
【ロラン 所持品:ガイアの剣 ミンクのコート
【ゼル 所持品:レッドキャップ ミラージュベスト
行動方針:目の前に現れた竜王と戦う】
【現在位置:ナジミの塔入り口】

【竜王 所持品:不明
 行動方針:目の前の人間を殺す】
【現在位置:ナジミの塔入り口】