FFDQバトルロワイアル3rd資料編@wiki 281話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第281話:Adrenaline Rush!!


えらい事になった。
いや、本当にこれは凄い。
「最初から支給品は確認しとけっての!こんな良いモン入ってたんだろ!?」
「いやぁ、うっかりといいますか。まさかこんな奇妙なものが入っているとは」
ゼル達は目標を変え、アリアハンではなく砂漠の旅の扉へと爆走していた。
文字通り、爆・走!

きっかけはアリアハンに向かおうと意気込んでいた最中。
ユウナがプサンの支給品が未だに謎な事に気が付いたのだ。
もしかしたらとても凄いアイテムが眠っているかもしれない。
そう期待する彼らを尻目に、袋から無造作に放り出したそれはなんと!!


「はっはっはァ!!まぁでも確かに軽トラが入ってるなんて思うわけ無いぜ!!」


軽トラでした。
鉄で作られたそれは大体の障害にも耐えられる。
そうそう時間が無いこともあってか、彼らはそれを使う事にした。
そしてアリアハンではなく、少々無理をしてでも近場である砂漠の旅の扉を目指すことになったのだった!

そして車に一番詳しい(はずの)ゼルが運転しているのだ!
しかし慣れていないのか、確実に中心部には走っているものの、砂煙を撒き散らして暴走状態!!
じゃんけんに勝ったプサンを助手席に、そして残りの負け組共を後ろの荷台に乗せて走る走る走る!!
ゼルのアドレナリンは大爆発だ!すげぇ!!

そして砂煙が巻き起こるこの状況に、メンバーが文句を言いまくる!
「げほっげほっ!これもうちょっとスピード落とせないの!?」
「目に砂が入りそうですよ~」
しかしゼルは無視だ!
頑張れゼル!負けるなゼル!後で絶対皆にボコられるから!!



「む?」
一方こっちは砂に隠れているピエールである。
対人レーダーが大勢の人の塊を感知したことに気づいたのだ。
しかもやけに早い。さながら大勢の馬の塊のようだ。
「珍妙な……だがこれはチャンスだ」
立て続けに現れる大人数の参加者。どうも自分は運が向いているらしい。
今度こそ絶対に仕留めてやる。そして意気込んだピエールはそっとレーダーの感知した方向を見た。

凄い勢いで何かが迫ってくる。
ピエールの世界での文明レベルではありえないし、理解できないものが襲ってきている。
だが、何か嫌な予感だけはしていた。あれの直線上にいてはいけない気がしていた。さぁどうしようか。
「狙撃か……」
たどり着いた答えを、ピエールは袋から取り出して表現した。
そう、ロングバレルRだ。あれを狙撃しようというのだ。
砂煙に隠れて相手の姿は見えない。仕方が無いので直線上からは離れた。
そしてまた砂に隠れ、狙撃した!!


ズドォン!!


ゼル達の耳に銃声が届いた。
「うわ!何ですか今の!」
「今のは…銃!?私たちを狙っているんでしょうか。でもその割にはこちらには掠りもしなかったけど……」
「まぁ…つまりやばいんだね!おーいゼル!目の前に青い光があるだろ?アレに急いで突入してくれ!」
「おっしゃあ!皆捕まれよ!!」

だが、どうやら掠りもしなかったらしい。
相変わらず爆走する何かを見て舌打ちするピエール。
そしてまだまだ近づいてくる不思議な物に銃を構えた。

そしてピエールは初めて見てしまった。
軽トラと言う奇妙ないでたちのものを。
「な……なんなんだあれは……」
銃を構えたまま呆然とそれを見送るピエール。
ついでに何人かの顔が見えた。全員こちらには気づいていないようだ。
今覚えているのは青い帽子と服を着けている男とオッドアイの女性、そして騎士風の男。
だが、頭の中でその奇妙な状況を整理している間に逃げられてしまった。
青い光に包まれる軽トラ。あ、なんか奇麗。いやそうじゃなく。

「………リュカ様、あの鋼の馬車にはお気をつけ下さい」
ボソリと、まだ見ぬ主君に対して気遣いの言葉を呟くピエール。
そしてまた砂に潜った。流石にあんな滑稽な事は二度三度は起こらないだろう。
彼に今出来ることは、それくらいだった。

余談だが、プサンの支給品は軽トラだけではない。しっかりと後2つ存在した。
それは錬金釜と隼の剣という豪華なものなのだが……軽トラのインパクトに負けた為、まだ誰も気づいてはいない。

【ピエール(HP3/5程度) (MP1/2程度)
 所持品:鋼鉄の剣、ロングバレルR、青龍偃月刀、魔封じの杖、ダガー、死者の指輪、オートボウガン、魔法の玉、毛布、
     ウインチェスター+マテリア(みやぶる)(あやつる) 対人レーダー
 第一行動方針:砂に紛れ潜伏し、参加者を襲う  基本行動方針:リュカ以外の参加者を倒す】
【現在位置:西部砂漠の旅の扉近くの砂の中】

【フルート 所持品:スノーマフラー 裁きの杖 魔法の法衣】
【ロラン 所持品:ガイアの剣 ミンクのコート】
【リルム 所持品:英雄の盾 絵筆 祈りの指輪 ブロンズナイフ 
【ゼル 所持品:レッドキャップ ミラージュベスト】
【サックス 所持品:水鏡の盾 草薙の剣 チョコボの怒り】
【第一行動方針(五人共通):砂漠中心部の旅の扉から新フィールドへ(軽トラ搭乗中)
 第二行動方針(五人共通):なるべく仲間を集める
 最終行動方針(五人共通):ゲームから抜ける。アルティミシアを倒す】
【ユウナ(ジョブ:白魔道士) 所持品:銀玉鉄砲(FF7)、やまびこの帽子
【プサン 所持品:軽トラック、錬金釜、隼の剣
 第一行動方針:砂漠中心部の旅の扉から新フィールドへ(軽トラ搭乗中) 第二行動方針:ドラゴンオーブを探す
 基本行動方針:仲間を探しつつ、困ってる人や心正しい人は率先して助ける 最終行動方針:ゲーム脱出】
【現在位置:アリアハン西の平原(アリアハン西砂漠から東にある平原)→西部砂漠の旅の扉から新フィールドへ】

※備考 軽トラにロラン達7人が乗っています。
「左側運転席」ゼル 「右側助手席」プサン 「荷台」フルート、ロラン、リルム、サックス、ユウナ