FFDQバトルロワイアル3rd資料編@wiki 145話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第145話:『裁いてやる』


夕暮れの森が広がっていた。
赤く染められた木の葉の向こうで、ラグナさんとエーコが笑っている。
『へぇ、イクサスも王子様なのか。いい感じにお似合いじゃないか、エーコ姫さま?』
『ヤダ、変なこと言わないでよね。
 イクサスには悪いけど、エーコにはジタンっていう最高にカッコいい王子様がいるんだから』
『それじゃイクサスがカッコ悪いみたいじゃないか、なぁ。
 言ってやれ、後でオレの最高にカッコいいとこ見せてやるかんな! ってよ』
ラグナさんはそう言って、オレの頭を撫でた。

それから、辺りが急激に暗くなった。
薄闇の下で、エーコは今にも泣きそうな顔をしていた。
オレとラグナさんが止める間もなく、彼女は走り出す。一人で泣ける場所を探しに。
残されたラグナさんは、近くにあった木を思いっきり殴りつけた。何度も、何度も殴りつけた。
『どうしてなんだ? スコール達より先に、あいつらに会っちまったってのか?
 ちくしょう! 俺が、あの時止めていれば……!』
オレは何も言えなかった。
その代わり、しばらくして、エーコがこっちに戻ってきた。
『大変! 向こうで人が怪我してるの!』

また、場面が切り替わる。
水音が聞こえるあの場所で、エーコが嬉しそうに叫ぶ。
『あっ、気付いたの?』
オレとラグナさんが振り向くと、飛び跳ねるエーコの後姿が見えた。
『よかったぁ』
多分胸を撫で下ろしたのだろう。エーコの頭が少し俯く。
――それと同時に、音が聞こえた。
柔らかいモノを貫く音。喉から込み上げる液体を咳き込む音。
それが何なのか悟る前に、エーコの背中から、赤く濡れた剣先が覗いた。

ラグナさんが、自分とエーコの荷物をオレに放り投げ、叫ぶ。
『イクサス、逃げろ!』
ああ。あの時リチャードが言ったのと同じ言葉だ。
リチャードは帰らぬ人になってしまった。ラグナさんも、また。
『イクサスまで殺させるわけにはいかねぇんだよ!』
叫びに続いて聞こえた、ぞぶり、という低い音。一生耳から離れないだろう、あの嫌な音――

――そして、暗闇が世界を塗りつぶした。
オレの前には四つの死体があった。
全身を切り刻まれて絶命しているリチャード。傍には、緑髪の女がいた。
矢を突き立てられたマリベル。隣には、コートの男がいた。
心臓を正面から貫かれたエーコ。肩から袈裟懸けに斬られ、真っ二つになったラグナさん。
二人の間に、赤い羽根帽子をかぶった男が立っていた。

四人の声が悲しげに響く。
『逃げろ、イクサス!』
三人が冷笑しながらこっちへ歩いてくる。
『お前も死ぬんだ、イクサス』
怖くなって、オレは後ろを振り向いた。
すぐそばに、スコールとマッシュがいた。
二人は広間の魔女のような邪悪な笑みを浮かべて言い放つ。
『いずれお前もこうなるんだよ、イクサス――』

「――うわぁああああああああああっ!!」

オレは跳ね起きた。夜の山の中で。
「……夢?」
ちょっと休むだけのつもりだったのに、いつの間に寝てしまったのだろう?
とにかく、回りには誰もいない。死体も、殺人者も、スコールとマッシュも。
時折吹く風と梟の声だけが、淋しげに木の葉を揺らす。
時間はそれほど経っていないらしい。夜空に浮かぶ月は相変わらず、煌々と輝き続けている。
オレは涙を落としながら呟いた。
「ちくしょう……ちくしょう……!」

死んでたまるか。あいつらの思い通りになってたまるか。
緑髪の女はもういない。
でも、コートの男と、赤帽子の男と、スコールと、マッシュは、まだ生きている。
「……殺してやる。きっと、殺してやる。
 いつまでも笑ってられると思うなよ……」
オレだって医術士だ。薬と毒のことなら、誰より良く知ってる。
そこらへんの野草や雑草にだって、強力な毒を持っているものがある。
上手く使えば、非力なオレでもあいつらを殺せるはずだ。

リチャードとマリベルの仇。そして、エーコとラグナさんの仇。
直接手に掛けていようが、いなかろうが、全員同罪だ。あいつらのせいでみんなは死んだ。
――だからオレが裁いてやる。奴らを裁いてやる。医術士イクサスの名にかけて。

【イクサス(人間不信) 所持品:加速装置、ピクニックランチセット、ドラゴンオーブ、シルバートレイ、ねこの手ラケット
 第一行動方針:植物採集&毒薬作り
 第二行動方針:ギルダー・アーヴァイン・スコール・マッシュを殺す/一人で生き残る 
【現在位置:アリアハン東山脈北部】