FFDQバトルロワイアル3rd資料編@wiki 174話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第174話:レナとエリア


ヘンリーとビビが話すその横で、赤く目を腫らしたレナが、エリアに泣きながら語っていた。
その言葉は不明瞭でまとまっておらず、聞き取りづらかったので、少しわかりやすくまとめる。


「ねえ、エリア…私、何もできなかったわ。本当に、駄目よね…。いったいどうして気づかなかったのかしら。
 あんな臆病な人が、この状況で一人で外を歩き回るなんて、ありえないのに。
 本当に、どうして気づかなかったのかしら。
 この村に、私たち以外誰もいないなんて、ありえないのに。ゲームに乗った人がいたって、おかしくなかいのに。

 ねえ、私、何もできなかったのよ。
 そう、いつだってそうだった。私は、人の命を救えたことなんてないの。
 たくさんの人が、何かのために、私の目の前で死んでいったわ。
 一度でも、それを止めることはできなかった。

 …そういえば、普段野宿するときなんかも、たいていは姉さんとバッツが見張りをしてくれた。
 危ないときは、いつも二人が私を助けてくれた。言ったかしら?私とバッツの出会いを。
 それなのに、どうして私は何もできないの?
 あのとき、私はギルバートを止めるべきだった。
 ううん、それどころか、あたりを常に警戒してしかるべきだった。
 そもそもここにきたのだって、誰かに会う為じゃない。危険を承知できたのに…。
 それなのに、ああ、私、本当にバカだった。忘れてたのね、完全に。

 ねえ、エリア。私、あなたと楽しくおしゃべりできて、本当に嬉しかった。
 なんだか、クルルと話してるみたいで。
 でも、クルルはもういないのよね。
 私、わかってなかった。全然。逃げてた。死を受け止めてなんていなかったの!
 ああして、目の前で、冷たくなった彼を見るまで…わかっていなかった…
 ううん、わかろうとしていなかったの。

 ねえ、エリア…私が今泣いているのは、何も彼の死が辛いからじゃないのよ。
 もちろん、ギルバートの死は悲しいわ。
 でも、それよりもっと、もっともっと…私は怖いの。
 だってそうでしょ?死ぬかもしれないのよ。ギルバートみたいに…クルルみたいに…
 そして、今周りに姉さんはいないの…バッツもいないの!
 前にも一度、こんなことがあったわ。そのときは、飛竜が助けてくれたっけ…。
 …言わなかったかな、飛竜のこと。私、助けられてばっかりよ。

 ねえ、今、誰が私を助けてくれるの?
 あの人?あの森で、あなたたちを殺そうとした?そんなはずないじゃない。
 私はあの人の言葉に従って、この宿屋にきたわ。
 けれども、本当のところ、私はあの人のことを信用なんてしてない。
 当たり前じゃない。殺そうとしてたのよ、あなたたちを…。
 それでどうして、あっさりということをきいたかわかる?
 誰でもよかったのよ…ただ私に、手をさしのべてくれるなら、その言葉に従おうと思ったの。
 でもね、これはやっぱり駄目。全然安心できない。

 …エリア、私ね、強いんだよ。剣だって。
 そりゃバッツや姉さんには負けるけど…城の近衛兵なんかより強かったんだから。
 バッツに教えてもらってからは、本当に強くなったのよ。
 それに、魔法ならバッツにも勝つ自信があるし。
 それでも、私、何もできなかった。

 ねえ、エリア…これじゃいけないのよね?ううん、いけないの。
 私、決めたわ。
 姉さんと、バッツを探すつもりだった…。
 でも、それは多分、無理なのね。今の私じゃ、絶対に会えないと思った。
 だから、やめる。探さない。
 それが、きっと二人にあえる一番の方法なのよ。
 大丈夫、バッツも姉さんも、私なんかと違って、本当に強いから…」


エリアは頷いて答えた。その答えも、涙混じりで、やはり不明瞭であったが。


「レナさん、まず、あまり自分を責めないで下さい。
 あなたがいなければ、私もギルバートさんも、あの森の中で死んでいました。
 それに、私とギルバートさんこそ、あなたに甘えていたんです。

 …ただ、あの人は、ほんとうに私たちのことを殺すつもりだったのか…
 いえ、そりゃあ、あのままいけば、間違いなく殺されていたでしょう。
 でも、私は思うんです。
 レナさんが来る前に、あの人は私たちを殺せたはずだと。
 しかし、そうしなかった。何故かはわかりませんが…何か、迷っていたのかもしれません。
 とにかく、私がそのとき感じたのは、今のような恐怖ではなく、むしろ生への欲求でした。
 本当に、あんなことは初めてでした。
 使命だとか、そういうのとは無関係に、がむしゃらな生への欲望…。
 いったいどうしてなのか、私にもわからないのです。

 …レナさん、私は一つ、隠し事をしています。いっても信じてもらえないだろうと…
 いいえ、本当に怖いのは、信じて貰ったときのことかもしれませんね。
 久しぶりなんです、私と同じくらい…といっても、四つも年上ですけど…
 それでも私にとっては、同じくらいといえるんです……
 …すみません、話がずれてますね。言います。
 私は、一度死んでるんです。あ、やっぱり驚きますよね。
 冗談でも、嘘でもないです。
 光の戦士をかばって、矢に射抜かれ、存在を消されました。
 なんか、逆ですよね、普通。でも私は、それを当然のことだと思っています。
 それが、私の使命だったからです。

 レナさん、私がここにきて、一番不安だったのは何だと思いますか?
 それは、どうしてここにいるのかが、わからなかったことです。
 おかしいですよね。私は生前…なんだかこの言葉もおかしいな…
 ええ、私にははっきりとした使命がありました。
 水の巫女としての、使命がありました。

 ですが、ここはいったい何なのでしょう?
 私は何故ここにいるのですか?

 私が今泣いているのは…そう、その意味じゃレナさんと同じです。
 ギルバートさんの死が悲しいからばかりじゃなくて、そのことが急に現実のものとして、私に問いかけてきたのです。
 この問題は、私にいい知れない恐怖を与えます。今、この瞬間も。
 人はみな、何かのために行き、何かのために死んでいくと…そう思いこんでいました。
 事実、私のまわりにいたのは、そのような人たちばかりだったんです。

 それで、この状況は何なのでしょう?
 ギルバートさんは、何故生き?何故死んだのでしょう?
 それを考えたとき、私は怖くなりました。涙が溢れて、止まらなくなりました。

 …でも、少しわかった気がします。
 烏滸がましいかもしれないけれど、ギルバートさんは…私たちと出会うために、ここまできてくれたのではないでしょうか?
 レナさんは、とても強い意志を得ました。
 …すみません。私、こんな風にしか考えられないんです。
 そのように育てられ、生きてきたんです。
 でも、もしそうだとしたら…私は、今、なんのために、ここにいるんだろう…」


そのとき、ターニアの叫び声が、辺りに響いた。
レナはそれを一瞥して、続けた。


「エリア…あなたは、水のクリスタルの巫女、よね。私は、クリスタルに選ばれた戦士…。
 もし、私が何かのためにここにいるのなら…
 エリア、あなたは私に勇気をくれた。
 私は戦う。エリア、あなたを死なせない…」


続いて、カルナック城を彷彿とさせるように、あたりを火の手が囲んだ。
レナは立ち上がった…その手に、聖剣エクスカリバーをもって。 

【エリア 所持品:妖精の笛、占い後の花
 第一行動方針:現状打破 第二行動方針:サックスとギルダーを探す】
【レナ ジョブ、アビリティは次の人が適当に。
 所持品:エクスカリバー、他は不明
 第一行動方針:現状打破 基本行動方針:エリアを守る】
【現在位置:宿屋】