FFDQバトルロワイアル3rd資料編@wiki 180話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第180話:ようやく見えた希望


「ちくしょう……早くしないと」
白魔導士は未だに見つからない。エッジに負ぶわれたユフィは、浅い呼吸を静かに繰り返している。
もう時間がない――近くにいるはずなのに。マリアを置いてまでして、ここまでやって来たのに!
エッジが歯を食いしばったその時、波動の杖が奇妙に揺れ動いた。さらに不意に木々が揺れ、二つの影が目の前に現れる。
「おや、どうしたんだい?」
反射的に身構えたエッジに、影の片割れである老女が問い掛けた。
その言葉に敵意がないことを悟り、彼は背中のユフィを二人に見せる。
「あんたたち、回復魔法は使えないか!? このままじゃこいつが死んじまう!」
死に瀕した少女の姿に老女は顔色を変えた。それから、連れの年齢不詳の男を見上げる。
「ザンデ。力を貸してくれるかい?」
「……ふん。わしの領分ではないが、いいだろう」
「よし、それじゃあ若いの。その子を横にさせな」
言われるままにエッジはユフィを下ろし、地面に横たえさせた。
「若いの、何か回復用の道具は持っているかい?」
「ハイポーションは使っちまった。白魔法の力を持つ剣があったけど、別の場所で待ってる仲間が持ったままだ」
「そうかい。ザンデ、あんたの支給品は?」
「剣と妙な機械だが、どちらも癒しに役立つものではない」
「まったく……使えそうなのはあたしの杖だけかい」
老女はぶつくさ文句を言いながら、その杖とやらを袋から取り出し、ユフィの上に掲げる。
不安げに二人を見つめるエッジに、老女はにやりと笑った。
「安心しな、若いの。ノアの弟子が二人も揃っているんだ、これで助からないわけがないさ。
 あんたも疲れたろう。大船に乗った気分でゆっくり休むといいよ」

【ユフィ(瀕死) 所持品:プリンセスリング フォースアーマー
 行動方針:死を待つ】
【エッジ 所持品:風魔手裏剣(30) ドリル 波動の杖
 第一行動方針:ユフィの回復を待つ 第二行動方針:仲間を探す】
【ザンデ 所持品:シーカーソード、ウィークメーカー
【ウネ 所持品:癒しの杖、残りは不明
 第一行動方針:ユフィを助ける 第二行動方針:ドーガを探し、ゲームを脱出する】
【現在位置:アリアハン北の森、橋の近く】