FFDQバトルロワイアル3rd資料編@wiki 172話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第172話:ささやかな


もう夜になって数時間経っただろうか。
辺りは暗くなり、空には月が出ているものの、さすがに、はっきりと周辺を見回すことはできない。
目薬草はものを見る際の集中力を高める効力なのであり、人間の限界を超えた視力を手に入れられるような効果ではない。
昼間さえ見えにくかった城下町はさらに見えずらく、森は木々が邪魔でまったく見えない。
偵察の意味は薄まっている。
「そろそろ動くべきか」
床に置かれてあった剣を取り、これからの経路を考える。

(あの狂った『魔物』は北へ行ったようだが、公爵様似の銀髪男たちは王城方面へ、さらに禍々しさを漂わせる女もその周辺、か。
ここは離れ小島、この塔に軍事的な意味があるとすれば、1階のどこかに小型の船があるはずだ)

一応戦闘準備はしていたものの、アルガスは誰とも遭わず、一階まで降りてきた。
この塔にはもう誰もいないのかと思ったとき、どこかからささやくような、そんな小さな声が聞こえる。


――この子も不憫じゃて…まだ幼いというのに、こんな理不尽な出来事に巻き込まれた上、妹まで亡くしてしまうとは…
   ほれ、目の周りが真っ赤じゃろ。泣き疲れて眠っておるわ…
――僕も妹を亡くしていますから、この子の気持ちもよく分かりますよ
   それに、もう一人の妹までもがこのゲームとやらに参加させられているんです。
   絶対にこんなゲームは絶対に止める。大切な人を失いたくもないし、命を奪いたくもない…!!
――イザよ、少し静かにしろ、そして落ち着け。

(地下に少なくとも4人、少なくともゲームには乗らない、か…)

――…上に誰かいるな。ニンゲンの匂いがする…
――…様子を見てきます。

どうもこちらに気付いたらしい。地下の二人がこちらに向かってきているのが分かる。
ゲームに乗る気がない上、脱出を企んでいる、接触しておいて損は無いだろう。
アルガスは剣をしまい、相手に先に声をかける。
「まずは武器をしまってくれ。俺はヤル気なんかねぇぜ。ゲームを止めるんだろ?詳しく話を聞かせてくれ」
「…まずはこっちへ」
イザがアルガスを宿屋に連れ込んだ。

ドルバは部屋の隅に位置し、ギードは机の上に陣取り、ルカは眠っているが、ときおり人の名前をささやいている。
「ガキにカメにドラゴン、か。妙な組み合わせだな。で、まずはどうやって脱出するんだ?メドは立ってるのか?」
「実は…まだ全然なんじゃ。首輪は魔法で制御されているのではないか、とは予測は付くんじゃが…確証が持てん」
「首輪を使って色々試してみればいいじゃねぇか。死体はその辺にごろごろあるだろ?」
「実は…刃物も無いんだ。それに、首輪の構造自体もまだよく分かっていないんでね…」
「つまり、まだ何も進んでねぇってことだな。話にならねぇ、時間の無駄だったか。
 結局は自分では何も出来ない烏合の衆ってか」
「なんじゃと!?お主、少し言い過ぎじゃぞ!」
「ギードさん、抑えて下さい、ルカ君が起きてしまいますよ」
相変わらず、ルカは眠っている。ときおり、「イル…」とささやくのが何とも痛々しい。

イザがアルガスに向き直って言う。
「確かに僕たちはまだ何も成果を出してはいない、
 けれど、一人一人のささやかな抵抗の波が、やがて大きな波につながると信じています。
 一人一人が動かないと、何も変わらない」
「まるでラムザみたいなヤツだな。甘チャン同士、ウマが合うと思うぜ?…まあ、一応期待はしておくか」
アルガスが参加者名簿を開く。
「銀髪は全員ヤバイと思っておけ、あとこの赤魔道師と貴族、それからこの女も危険だ。
 一応情報はやったからな、まぁ殺されないようにせいぜい頑張ってくれ。
 それから、脱出方法が見つかったら、俺にも知らせてくれよ」


再び一階に戻り、塔を出たアルガス。塔内部に船が無いため、外壁に立てかけられていないかと探し回っていたのだ。
一周まわる内に見つけた、りゅうおうの死体と、カンダタの死体。
もとの臭いに加え、時間が経っていることもあり、悪臭が立ちこめている。
そしてカンダタの周りには、オールと小さなカヌーが散らばっている。
「お、あったあった。船はたったこれだけか?まあいい」
アルガスは湖の向こう、セシル達の遺体の放置場所へと船を漕いでいった。
船はさざ波に揺れながら、ゆっくりと進んでいった。

【ルカ(睡眠中) 所持品 霜降り肉、ほしふりのオーブ】
【ギード 所持品 不明】
【イザ 所持品:きんきらの剣、エクスカリパー、マサムネブレード】
【ドルバ 所持品:不明】
 第一行動方針:協力してくれそうな人を探す  最終行動方針:同志を集め、ゲームを脱出する
【現在位置:ナジミの塔宿屋】

【アルガス(視覚聴覚向上) 所持品:カヌー(小型折りたたみ式、カンダタから回収)、兵士の剣(カンダタから回収)
 第一行動方針:多くのアイテムを集めておく。 最終行動方針:どんな手を使ってでも生き残る。もちろん、脱出に便乗もアリ】
【現在位置:ナジミの塔東】