FFDQバトルロワイアル3rd資料編@wiki 445話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第445話:光へと向かう力



『光が、また一つ消えたか……』
木々の間から満天の星空を仰ぎ見ながら、ギードは大きく溜め息をついた。

ファリス。
海竜を操り、女だてらに海賊の一団を率いた頭領。
一度は「無」の力によって消滅したギードが、今、存在しているのも……
彼女らが持っていたクリスタルの欠片により、世界が再生されたおかげである。
だが、そんな勇ましい彼女も……クルルに続き、この地で儚く消えた。



ギードは目を閉じ、静かに祈りを捧げた。
再び、奇跡が訪れるようにと……



テリーは大木の根元に膝を抱え座っていた。
心配そうに目の前に佇むトンヌラの持つ、ランタンの赤い火が滲んで見える。
浮かんでは消える……自分達を守り戦った、リノアの笑顔……ドルバの最後の勇姿……
……あの恐ろしいクジャでさえ、名前を呼ばれた。
ジタンが約束を守り、本当に落とし前を付けたのだろうか。



しかし……それ以上に、思ってもみなかった名前……『ワルぼう』

……思えば、テリーがモンスターマスターになる、いや、ならざるを得ないきっかけを作ったのはワルぼうだった。
もしあの夜、ワルぼうが姉さんを連れ去らなかったら……
それまで通り、平穏で幸せな日々が続いたかもしれない。
でも……
わたぼうを始め、応援してくれるタイジュの人々、慕ってくれる魔物達、引いてはルカやイルに会う事もなかっただろう。

本気で憎んだ事もあった。
けど……
淡い灯りの中で、赤い綿毛がいたずらっぽく笑い、跳ね回り……消えていく……

「……テリー、歩けるか?」
長い長い黙祷の後、ギードは一向に動こうとしないテリーに声を掛けた。

「……悲しいのは、皆一緒じゃ……じゃが、いつまでも嘆いておる訳にはいかぬ。

 ここから歩み出さねば何も解決せぬままじゃ……分かるな」

「うん……」
テリーはようやく顔を上げた。

「分かってる……分かってるさ……だから……オレ……」

「ん?」

「オレ……強くなりたい! 誰よりも強い……力が欲しい!」
思いつめたように、テリーは叫んだ。


「何を言う。お前さんには、マスターとしての立派な力があるじゃろうが。
 魔物の言葉を理解し、心を分かち合えるという、希有な才能が……」

「それじゃ駄目なんだ!」

突然立ち上がったテリーに驚き、トンヌラが後ずさった。
弾みで、ガチャン、とランタンが地面に落ちる。

「オレは……あのスライムナイトの心を押さえられなかった……そのせいでドルバを死なせてしまった……
 イルもあの魔物に殺されて……ルカだってどうなったか分からない……
 何が星降りの勇者だ! 世界一のマスターだ! そんなものっ……何の役にも立たないんだ!」
「テリー、それは……」
「さっきの人みたいに殺されるのは嫌だ……けど、誰かの足手まといになるのは、もっと嫌だ!」
漏れたオイルにランタンの炎が移り、テリーの顔を照らし出す。


「リュカさんやジタンさん、サイファーさんみたいに戦えたら……リノアさんやギードみたいに魔法が使えたら……
 いや、その半分でも……オレに力があったら……みんなを守れたかもしれないのに……
 ……みんな、死なずに済んだかもしれないのに!」
涙に濡れた瞳が光る――

「オレは強くなりたい! 誰にも負けない力が欲しいんだ!」



――炎を映し――光る――


「強くなれるなら……力をくれるなら何だっていい!
 相手が魔女だろうが何だろうが構わない!」

――光る――瞳――

「ばかもの!」

なぎ払うようにギードは叱咤した。
強過ぎる衝動に、正気を失いかけている。あの時のトンヌラと同じように。
このままでは――


「今のお前が……怒りと悲しみに支配されたお前が、力を得たところで何とする?!
 そこから生み出されるのは正義でも平和でもない! 新たな悲劇だけじゃ!」

一瞬、テリーの瞳が揺らぐ。

……突然、記憶が――忘れていた記憶が蘇る。


あれは――扉の中の記憶――


――ほほう……良い目をしておるな。
  連れておる魔物もなかなかのもの! その実力、並々ならぬと見た!
  お前の実力は私と闘うに足るものか……まずはお手並み拝見といこう――

不敵に笑う魔王。そして――

――次は……なかなか歯ごたえのある奴だ。

  最強の剣を求め世界を流浪し、ついに我が元へ辿り着いた剣士だ。

  紹介しよう。

  我に魂を捧げし、世界最強の剣士――


「そんなものは本当の力ではない!
 強大すぎる力を手に入れた挙げ句、その力に呑まれ……全てを失う者もいるのじゃ!
 テリーよ、惑わされるな! 己を見失うな!」


――

――――お前……強いな……奴にも……勝ったんだな……
    オレは……勝てなかった……奴……に――

――――――剣もロクに使えない腰抜けだとバカにしたが……あれは取り消そう……
      お前は最強だ。
      たとえ剣を使わずとも……最高のファイターだ――



――――――――お前に一つ忠告しておく……
        ……オレのようにはなるな。
        力に魅入られた者は、いずれ力に滅びる……
        ……もう遅いかも知れんが、オレみたいになりたくないだろ――


          ――――お前は――光の射す方だけを見ていろ――――


――――――――――――――


「あ……」

ふっ、と炎が消え、テリーはがっくりと膝を着いた。

「テリー……」
暗闇の中から、今度は、優しく静かに……ギードが語り掛ける。

「お前さんは言った……誰も死なず、殺されずに済む方法はないのかと。
 ……ただ、はっきり分かっておるのは……それは、目に見える力だけではないという事じゃ」
テリーは微かに頷いた。
「お前さんの力は強き者を捩じ伏せる為のものではない。迷える魔物達の心を救い、導く為のものじゃ。
 それに従い、トンヌラはお前さんの後を追い……ドルバは、命を掛けた。
 そして、わしは……お前さんを、心から信じておる」

「ギード……」

「だからいずれ……ワシもきっちり落とし前を付け、お前さんに……全ての正しき者に報いよう」

気が付くと、トンヌラが横に立っていた。
おずおずと、テリーのザックを差し出す。

「ありがとう」
テリーはザックから自分のランタンを取り出した。
小さいが、暖かな光が灯る。
「これ……お前が持ってていいよ。何か、その方がサマになる気がする」
自分のが壊れてしまい、ちょっと落ち込んでいたらしい。
トンヌラは喜んでランタンを受け取った。

淡い光を映すテリーの瞳は、アメジストの色に輝いていた。
そう、いつも通り……ギードは安堵した。

が、その時……

「待て……」
ギードは振り返り、後方を見た。
遥か遠くに小さな灯りが揺れ、微かに草木をかき分ける音が聞こえた。
「誰か、来る……」
一行は、じっと息を潜めた

【ギード 所持品:首輪
 第一行動方針:様子を窺う 第二行動方針:ルカとの合流 第三行動方針:首輪の研究】
【テリー(DQM)(右肩負傷、3割回復)
 所持品:突撃ラッパ、シャナクの巻物、樫の杖、りゅうのうろこ×2、鋼鉄の剣 、コルトガバメント(予備弾倉×4)
 第一行動方針:様子を窺う 第二行動方針:ルカ、わたぼうを探す】
【トンヌラ(トンベリ)所持品:包丁(FF4) スナイパーアイ、りゅうのうろこ
 行動方針:テリー達についていく??】
【現在地:カズス北西の森南部】