FFDQバトルロワイアル3rd資料編@wiki 462話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第462話:Cross Purpose


不意のスリプル、自分は何とか凌いだもののアリーナは眠りに落ちた。
幸いにもピエールも耐え切ったようで側面より機械式のボウガンが掃射される。
非情なスライムナイトはそのまま逃げ出した連中を追っていく。一方自分の前に立ちふさがるのはカメ。

先ほどのアリーナとの戦闘、機を見るに敏なスリプル。
自分とピエールから射掛けられた矢で負傷し視界を奪われているとはいえ楽観は出来ない。
保護要因を抱えていた相手の状況不利、戦力の数としてのこちらの量的有利が無ければ格上の相手だったろう。
相手が暗闇であることを考慮すればこの機を逃さずに強敵を仕留めておく利益のほうが大きいか。
ならば迷うことなどない!

「大気満たす力震え、我が腕をして 閃光とならん! 無双稲妻突き!」

近すぎず、遠すぎず。相手の近接戦闘を殺し、遠距離に逃れることも許さない得意の距離。
それを保ったまま弓矢から持ち替えた大剣を気合とともに振り下ろす。
視界を覆う闇に夜の闇、何も見えていないであろうカメを中心に迸る雷が降り注ぐ。
黒を切り裂く白電光、肉体を貫く聖なる雷。
自身のペース、優勢を確信するに足る状況にもウィーグラフは手を緩めない。
縫い付けられるように平たく地に伏せている相手をにらみ叫ぶ。

「反撃の暇すら与えんッッ!
 死兆の星の七つの影の 経路を断つ!」

違和感があった。ぞくりと背中を這い上がる何かがあった。
魔人とまみえたときと同じ見えざる圧力。高レベルの魔力の凝集する気配。

「北斗骨砕打ッ!」

己の放った技による地より突き昇る衝撃が対象の肉体を貫く。天運無きものは絶命にすら至る一撃。
余勢を駆ってとどめの一撃を下すべく間合いを詰めていく。
止め………?…!いや――危険な何かが来る、待て。
経験が知らせる危険信号が相手の反撃を凌ぎ切る策をとれと教えている。
それが、生死の分かれ目だったと悟るのはほんのわずか先のことである。


物理的な夜闇に魔法的な盲目。真の闇の中、雷撃が身体を焼き、衝撃が臓腑を、生命を貫く。
穴の空いた器のように肉体から命が零れ落ちていくのが実感できる。
先陣を切ってきた拳術を操る娘もながら、後詰として現れた男もまた手強い。
今感じ取れる気配はひとつであるから娘のほうは眠りに捕らえたようだが。
相手の予想以上の強さ、テリー達のために時間を稼ぐことの必要性、そしてダメージを負いすぎた事。
これらの要因がギードに決断を促した。
練り上げた高密度の魔力、それが魔法の形を成して手負いのギードから放出される。
そして世界は停止する。

最高レベルの時空魔法、「クイック」。
わずかな間とはいえ時の流れを大幅にゆがめ、術者に万能たる時間を歩む許可を与える魔法。
せいぜい術者が二度行動する程度の許可であるとしても恐るべき効果。
その与えられた時間でギードの選択は脱出でも回復でもなく攻撃。自分を襲っている暴力の無力化。
知識の中から二つの魔法を選択し、目の前の敵意へと術式を重ねる。


その瞬間、何が起こったかはわからなかった。
それからわずかな間を挟み足元の感覚が無くなる。
戦場で体感したこともあるこの不快な感覚。そう、これは重力操作魔法。
夜の闇とは違う黒が視覚を覆いつくし、嫌な耳鳴りが聴覚を塞ぐ。触覚も薄くなって身体は宙に浮いたよう。
平衡感覚がおかしい。いや、感覚全てがおかしい?
脳裏には恐怖、肉体には責め苦。重い、重い、重い重さがすべての上にのしかかっている。

(いつの間に…これは……グラビガ!? だが何だ、桁違いに重いッッ…!)

まといつく乱重力と不安を振り払うように振り回した剣が何かを食んだ手ごたえを返す。
その瞬間に時を同じくして消え失せた黒い領域の外にあったのは刃の突き立ったカメの姿と変貌した自身の有様。
自分の全身に付着している奇妙な塊、錆のようなものが目に入る。
それは極小時間から放たれた第二の魔法。ウィーグラフをそして眠るアリーナを追撃する。

「な、何だッ、これはッッ!!???」

何が起こったのか、何をされたのか? 理解を超えた突然の変化にうろたえる。
とにかく回復せねばまずい。大慌てでエリクサーを手探りで取り出して飲み干す。
回復という安堵を経てようやく自分を襲っていた魔法の正体を思い当てることができた。
あれは、毒の魔法・バイオ。
認識と共に異常な活性を与えられた細菌により生きながら分解される痛み、放たれる毒の痛みが全身で絶叫する。
まったく考えられない超高速の魔法連発にウィーグラフは一時的とはいえ冷静さを欠いていた。
それはいつの間にか手にしていたはずの大剣が消えていたことでも証明される。
そしてこの事態を引き起こしたのであろう憎むべきカメも。

「あ……何だったのか、今のはッ? 超高速での魔法連発だと? そんなことが可能なのかッ!?」

幸いに視界内の草陰に相棒たる大剣を見出すことができたがカメの方はもういくらか距離を稼がれたようだ。
獲物は逃した。攻撃は失敗した。痛手も負った。これ以上の失点は避けるべき。
ピエールが起こした爆発の音が時間と共に周囲からお人好しどもをひきつけるであろう事は想像に難くない。
体を蝕む毒のこともあるがまずはここを移動しなければ。
魔法による攻撃ゆえか未だ眠りの中にあるアリーナを背負う。かかる負荷に疲労が全身から反響を返す。
グラビデ系統の魔法は傷ではなく体力の消費、疲労の形でダメージを負わせてくる。
休息の見込める戦いならいざ知らず、長期戦においては厄介な魔法だ。
加えてバイオによる毒、つくづくあのカメが戦力を削るという戦い方を貫いたことには頭が下がる。
されど不満を漏らしても何の得にもなるまい。
疲れに苛む身体を鞭打ちウィーグラフは西方へとこの場を脱する。



Scene-2

向かっている方向には最初の音の後すぐに光の柱が見えた。
忍びの足は速い、あっという間に視界からいなくなってしまったユフィを追って走るラムザ。
ジャンプして上空より探すということも実行してみたがこの暗さでは人程度の大きさを探すのは厳しい。
ただラムザは代わりにはるか彼方に動く巨大な影と、森の木々の隙間から見える白い光の筋を見る。

その直後にもニ、三度爆発音があった。
不安の影。戦闘があるたびに犠牲が増えることを覚悟しなければならない。
いまいちその行動に掴めないところがあるもののユフィは音を追っていったと判断し、森の中をその方角へと向かう。
15分程度の時間差とはいえ命が失われるためには一瞬あれば十分足りてしまう。
戦闘があったとは思えない静けさが手遅れではないかとの疑いを膨れ上がらせる中、その先でラムザが出会ったのは、巨大な亀。

背を守っているはずの甲羅はあちらこちらで砕け割れ、傷が露出している。
その腕や背には痛々しく矢のようなものが突き立っている。
気配を察したのだろう、振り返った亀の首には自分や皆と同じ鈍い金属の輝きが見出すことができた。
年季の入った威厳を持つ彼(かな?)もまた参加者、そして彼こそが戦闘の当事者であったにちがいない。

相手のスタンスは分からないが、ラムザは冷静かつ親しげな口調で話しかけた。もちろんまじゅう語で。

『やあ、僕はラムザ=ベオルブ。大丈夫、あなたと敵対する意思はない。あなたの名前は?』

じっ、と深さを湛え輝く瞳がこちらを凝視する。目に入ったひときわ深く抉られた傷口が痛々しい。

『わしは賢者ギード。ラムザよ、こちらも敵意は無い』
『ありがとうギード。いったい何があったのですか? その様子、誰にやられたのです?』
『体術を操る娘と武器を操る魔物、弓と剣を使いさらに妙な技を繰り出す男の三人じゃ。
 全員が十分な能力を持つ戦いに乗っている危険なパーティ。
 損害を与えて何とか逃れては来た代償がこれだけの傷、というわけじゃがの。
 …生死までは分からぬ。ラムザよ、お主も注意するがよい』
『はい。あなたのいう三人のうち二人はおそらく僕の知っている危険人物と同じです。
 そうか、彼らが手を組んだ、となればその危険度は大幅に……。ギード、傷が?』

小さく苦しげな鳴き声を漏らし、耐えるように目を閉じるギード。
回復魔法の光がおぼろげにその全身を包み、緩やかに散っていく。
忌まわしき回復効果の制限のためか見た目ではそれが効果を上げているようには見えないが。

『ああ、済まぬな、ラムザよ。この傷じゃ、さすがに堪えるわ。
 …時にお主は単独で行動しておるのか?』
『いいえ。爆発を見た仲間がこちらへ突撃したので追ってきたのですが…見ていませんか?』
『その者は白魔道士か?』
『いえ、違います。……どこへ行ったのだろう』
『ふむ、心配じゃな。しかしならば同行は頼めぬか。
 こんな世界じゃ、共に行きたいところではあるがお互いに探す相手があるというわけならば仕方あるまい。
 お主の仲間が無事であるとよいな』

そうしてギードは会話を打ち切りゆっくりと、先ほどと同じ進行方向への歩みを再開する。

『待ってください。あなたは誰を探して、どこへ向かっているのです?』
『襲撃者は三人じゃった。二人はわしがなんとかできたがもう一人に仲間が…テリーが、トンヌラが追われておる。
 幸いに助けに入ってくれた白魔道士が先導してくれておるが心配なのは変わらぬ。
 それに、無事だとしたらわしが心配されておろう。だから急ぎ追いつかねばならんのじゃ』
『テリーだって!?』
『あの子の知り合いか、ラムザよ。ならばなおさら同行を頼みたいところだが…
 お主の仲間のこともある。危険な者が徘徊していることもある。無理強いはできぬ』
『そう……ですね』
『だがわしはそうした理由で急がねばならん。……ラムザよ、お主は生き抜くのじゃぞ』

あてはない。ただ向かった方向はわかっている。
どこへ逃れたのかわからないがギードは仲間達もまた襲撃者の牙をかわしたことを信じてゆっくりと進む。
受けすぎた傷を癒すということは考えない。いや、その無意味さを悟っている。
最後に受けた実剣での一撃は保護していた甲羅を打ち砕かれ露出した肉を容赦なく突き抉っていた。
老いたる命まで届く深すぎる打撃―――
ギードは、自身の生命の限界というものをしっかりと理解していた。

ここでは最上級の治癒魔法さえ基本的な魔法と同程度の効果しか発揮されない。
それでも時間と必要量の魔力、ギードほどの能力があればこれほどの重傷であってもどうにかできただろう。
しかし、ギードはその選択肢を取らない、いや選べない。
仲間の下へ急がねばならない状況、消耗した魔力。
故にギードは定期的に魔法により延命するという道を選び、その足を止めないのだ。



ゆっくりと離れていくボロボロの背中を見送る。
ラムザの心中は複雑であった。天秤の上にいるのはテリーとユフィ。

ギードは『襲撃者に損害を与えたがその生死は不明』と言った。
もちろんテリーのことは心配ではあるが、先行したユフィもどうなっているだろうか。
どちらも捨て置くことはできない。
だが自分は一人。ギードと共にテリーを探すか、別れユフィを探すか。
許された時間は短いが、考えねばならない。

選べるのは一つ。

【アリーナ2(分身) (睡眠、毒、スリップ) 】
 所持品:E:悪魔の尻尾 E皆伝の証 イヤリング 鉄の杖 ヘアバンド 天使の翼
 第一行動方針:ピエールを葬り、サスーンに向かってリュカを殺す
 第二行動方針:ラムザを殺し、ウィーグラフにアリーナを殺させる
 最終行動方針:勝利する】
【ウィーグラフ (疲労、毒、スリップ)
 所持品:暗闇の弓矢、プレデターエッジ、エリクサー×6、ブロードソード、レーザーウエポン、
 フラタニティ、不思議なタンバリン、スコールのカードデッキ(コンプリート済み)、
 黒マテリア、グリンガムの鞭、攻略本、ブラスターガン、毒針弾、神経弾 首輪×2、研究メモ
 第一行動方針:アリーナを連れ戦場を離脱し、サスーン方面へ向かう
 第二行動方針:サスーンに向かいゴゴとマティウスを殺す/ラムザを探す
 第三行動方針:アリーナを殺してリュカとエドガーに近づき、二人を利用してピエールを服従させる
 基本行動方針:生き延びる、手段は選ばない/ラムザとその仲間を殺す(ラムザが最優先)】

【ギード(重傷、MP大幅消費) 所持品:首輪
 第一行動方針:テリー、ルカとの合流
 第ニ行動方針:首輪の研究】

【ラムザ(話術士 アビリティジャンプ)(HP4/5)
 所持品:アダマンアーマー ブレイブブレイド テリーの帽子
 第一行動方針:ユフィを追いかける or テリーを追い、保護する
 最終行動方針:ゲームから抜ける、もしくは壊す】

【現在位置:カズス北西の森南部】