FFDQバトルロワイアル3rd資料編@wiki 534話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第534話:冒険のお話


「みんな、準備はいい? ここのぬしはどんなやつだろ?」
初めて見た旅の扉。そこに広がる、広くて深い異世界。今までとは比べ物にならない深さ。
深さはぬしの強さを表す。今度のぬしは相当強いに違いない。
ごくりと唾を飲み込む。それはヘルードも、グレンザも、ゴルゴも同じ。
最下層へ続く穴は、何よりも黒く、底がないように見えた。
仲間と手をつなぎ、勇気を出して穴へと飛び込む。

飛び込んだ先は深い闇。真っ暗。何も見えない。
「暗いな。みんな、俺から離れるなよ」
すぐそこにいるはずの仲間に手を伸ばす。その手は空を掴んだ。

「あれ? お~い、みんな、どこ行ったんだよ? こんなときに冗談はやめてよ」
返事はない。耳を澄ませると、聞こえるのは複数の息遣いだけ。
直ぐ隣には誰かが倒れていて、その隣にも誰かが倒れていて。それが延々と続いていた。

警戒しながら辺りを見渡すと、やはり暗闇だけがあったが…いくつかの気配を感じる。
恐らくは…他にも数人が起きていて、自分と同じように警戒しているのだ。
いつの間にか、明かりが付いた。
ただその明かりはとても小さく、蝋燭の様に儚く、そしてどこか冷たいものだったが。そして。
「ようこそ、選ばれた選手達よ…!」

その存在は、絶対的な力と悪を持っていた。それこそ自分の存在など、一瞬で消されてしまうような。
壇上に何かが積み上げられているのに気付く。
それは、ヘルードの、グレンザの、ゴルゴの、そしてタイジュで放牧していたはずの魔物たちの変わり果てた姿。

信じられない光景に足取りはおぼつかなくなり、よろけて、倒れる。
正面から目をそらすと、その先にわたぼうや、わるぼうの背中が見えた。
(いや、大丈夫だ。わたぼうなら……)
「ねえ、わたぼう…」
こんな状況でもわたぼうなら、わたぼうならきっとなんとかしてくれる。
そう思って、わたぼうの肩に手を置く。途端に、彼の頭が吹き飛んだ。


「わたぼうッッ!!」


「テリー! どうしたッスか!?」
とても慌てたような声が聞こえた。
辺りはまだまだ暗い。暗いけれど、命の気配も感じられる。
すぐそばに温かみを感じる光。周りにはギード、ティーダ、アーヴァイン、ロック。
ギードは叫び声で起きてしまったようだが、他の三人はもとから起きていたような感じもする。
そういえば、ティーダとアーヴァインの顔が腫れている気がする。
とにかく、魔女なんていなかったし仲間の死体もなかった。

「ううん、大丈夫。とっても怖い夢を見て…」
その夢を思い出してしまうのか、言葉に詰まる。
普段なら脅かすなよ、の一言で終わるところだろうが、状況が状況。
みな、いつどんな悪夢を見てもおかしくない、荒んだ心。
誰も彼を責めることは出来ない。

「まさか、また誰かが助けを呼んでいるとか、そういうヤツ?」
「ううん、ロザリーお姉ちゃんのお祈りじゃなくて、ただの夢だと思う」
「そう…」
それならいいんだけどと言いかけるが、テリーの体が震えているのに気付き、グッと飲み込む。

「まだ夜は長いけど、眠れるかい?」
「怖くて眠れそうに無いんだ。もうちょっとだけ起きててもいい?」
「では、わしも起きておくとしようか。見張りも代わろう。そろそろ真夜中も過ぎたころじゃろ」
「ギードはもう大丈夫なんスか?」
「年をとると長くは眠れなくなっての。怪我のほうは大分よくなったわい。
 お主らも、若くて元気なのは結構じゃが、眠れるときに眠っておかんと後々大変じゃぞ」
「全くだよな、真夜中までギャーギャー騒いでたら近所迷惑だっての」
(ロックだって人のこと言えないじゃん)
「アーヴァインくん、何か言ったかな?」
手をグッと握る音が聞こえてくる。
「じゃあお休みー!」
「ふわぁ~……やっぱりお言葉に甘えさせてもらうことにするッス」
アーヴァインに気を遣ってはいたものの、ティーダ自身はまともな睡眠をまったく取っていない。
一応眠ったふりだったはずのアーヴァインも、本当に寝息を立てている。

「まったく、眠れないんじゃなかったのかよ…。ちょっとはこっちも気遣えっての」
「なに、つらくなったらまた代わってもらうわい。ワシの体のことなら心配はいらんよ。
 お主もゆっくり休むといい。明日も頼りにしておるからの」
「あー、俺としても眠りたかったんだが、あいつらのおかげで目が覚めちまった」
熟睡している二人を横目に、水分を補給する。
二人の若者が寝静まって、あたりにまた静寂が訪れる。

「テリー、おぬしはこのまま朝まで起きておくのか?」
「眠れなくてさ。寝たら夢の中にまた魔女が出てきそうで……」
「じゃあ、なんか話すか? 見張りってのも結構暇なもんだしな」
「どんな話?」
「そうだな……」


テリーとロックが話し出す。
「ええっ、一人で100人以上を足止め?」
「ああ、俺にかかれば帝国兵の100人や200人、ちょろいもんだ。逃げるのには苦労したけどな」

二人とも、冒険好きなだけあって、話すことには困らない。
「これが魔石ってやつ? なんだかあったかいね」
「バハムートの魔石だな。幻獣の中でも最強クラスだ。他にもミドガルズオルムの魔石があるらしい」
「ふーん、………出て来い、バハムート!」
「おいおいおい!! ……一瞬肝が冷えたぞ。召喚なんてむやみやたらにするもんじゃない。もうこれは終わりだ」
「え~~」

相変わらずあたりは静か。聞こえるのは虫の声と風の音だけ。
「異世界ねえ」
「うん、穴に落ちたら次の異世界に進めるんだよ」
「世界に大穴が開いてるのか?」
「うん、何故か入るたびに形が変わるんだ」

誰にも邪魔されず、二人の話が続く。
「モンスターの言葉が分かるのか?」
「うん、俺はマスターだからね」
「ドゥドゥフェドゥみたいなわけわからんやつの言葉もか?」
「どどへどぅ? なにそれ?」
「知らないか? 有名なモンスターなんだが。じゃあエドガーに教えてもらうといいぜ。あいつの城でいっぱい飼ってるからな」

ギードは、まるで保護者であるかのように二人の話に静かに耳を傾ける。
「異世界となると、見たこともない財宝が山ほどあるんだろうな」
「でも、一番下にいるぬしを倒さないと異世界からは戻れないんだよ」

話を聞いていて、ギードはふと考える。それは、テリーの冒険していた異世界のこと。
(この世界、テリー君の言う異世界とやらによく似ておらんか?
 世界にあいた穴……別次元、いや、無への入り口のようなものか?
 それによって繋がれた何重もの異世界…。
 ならば、最下層には世界を統べるぬしの存在?
 そうなると、魔女の居場所はもしや?)

まあ、結論を出すには時期尚早といったところ。
まだまだ情報量は絶対的に不足している。
だが、世界の謎、首輪の謎を解くカギは案外参加者の体験の中にあるのではないか。そう思える。

「イル ルカんしゅしゅ?」
「イルルカンカシュだよ。言いにくいがそういう種族名なんだ」
「変な名前のモンスターが多いなあ。俺ならもっとナイスな名前をつけてやるのに」
「例えばどんな名前だ?」
「ん~~、C・Jr?」
「……」

【ティーダ(変装中@シーフもどき)
 所持品:フラタニティ 青銅の盾 理性の種 首輪 ケフカのメモ 着替え用の服(数着) 自分の服 リノアのネックレス
 第一行動方針:待機
 第二行動方針:サスーンに戻り、プサンと合流
 基本行動方針:仲間を探しつつ人助け/アルティミシアを倒す】
【アーヴァイン(変装中@白魔もどき、身体能力低下、一部記憶喪失、軽症、右腕骨折、右耳失聴)
 所持品:竜騎士の靴 ふきとばしの杖[0] 手帳 首輪 コルトガバメント(予備弾倉×3)
 第一行動方針:睡眠中
 第二行動方針:ティーダが消えない方法を探す/ゲームの破壊】
【ロック (軽傷、左足負傷、MP2/3)
 所持品:キューソネコカミ クリスタルソード 魔石バハムート 皆伝の証
 第一行動方針:テリーと話す
 第二行動方針:ピサロ達と合流する/ケフカとザンデ(+ピサロ)の監視
 基本行動方針:生き抜いて、このゲームの目的を知る】
【ギード(HP1/3、残MP1/3ほど)
 所持品:首輪
 第一行動方針:見張り
 第二行動方針:ルカとの合流/首輪の研究】
【テリー(DQM)(軽傷、右肩負傷(8割回復)
 所持品:突撃ラッパ シャナクの巻物 樫の杖 りゅうのうろこ×3 鋼鉄の剣 雷鳴の剣 スナイパーアイ 包丁(FF4)
 第一行動方針:ロックと話す
 第二行動方針:ルカ、わたぼうを探す】
【現在位置:サスーン南東・山の中、森との境付近】